新車販売台数減少に対する、自動車メーカーやディーラーの対応

2015年4月以降、エコカー減税の変更や増税、販売促進キャンペーンの終了などにより、自動車業界を取り巻く環境は大きく変化しました。

 

また、未使用中古車の増大してます。

 

そのため、新車の売れ行きが低下しています。

 

※2015年4月以降の新車販売状況に関しては、こちらを参考にしてください

新基準のエコカー減税と軽自動車税増税で、新車販売はどうなった?

 

ただ、自動車メーカーやディーラーも、手をこまねいて見ているわけではないんです。様々な対策をして、販売台数を増やそうと努力しています。

 

どのような対策をしているかお話ししますね。

 

 

電話が来るのは1社だけ。オークション形式車買取査定サービス
  • かんたんな方法で愛車を高く売りたい
  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 安心な方法で愛車を売りたい

 

車買取一括査定のデメリットを解決した車査定サービスで、あなたの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

自動車各社、エコカー減税への対応や販促キャンペーン実施

2015年4月以降、エコカー減税の厳格化や軽自動車税&消費税増税により、ますます新車が売れなくなってきています。

 

けれど、自動車メーカーも何も対応していないわけではなく、新エコカー減税に対応させるように低燃費化などのモデル改良や、販促のサービス企画を展開しているんです。

 

ただ、販売店の対応に関しては、ディーラーによってだいぶ違っているんです。

 

 

トヨタの対応

4月以降のトヨタは、ハイブリッドカーやNAガソリン車の燃費改良を実施。

 

新エコカー免税の継続やエコカー減税拡大をアピールしています。

 

ただし、販売促進のサービス企画は、各販売店に任せています。

 

首都圏の各系列店での取り組みを聞くと次のとおり。

 

「5月までニューモデルはSAIの一部改良くらいと少ないので、車両値引き、ナビの割引やオプションサービスなど、個々の商談で対応しています」(トヨタ店)

 

「年初に一新したアルファード、それと6月以降はハリアーの特別仕様車を中心に販売攻勢をかけます」(トヨペット店)

 

「カローラ、ノアの特別仕様車を中心に売り込みを強化しています。5月に入るとカムリやSAIの一部改良、特別仕様車を発売するのでこれらの展示会でも盛り上げを図ります。フェア期間中はプレゼント品を用意しています」(カローラ店)

 

「ヴェルファイア、4月にビッグマイナーチェンジしたオーリス、5月に一部改良するウィッシュなどを軸にフェアを盛り上げています。成約者にはオーリスのミニカーをプレゼントしています」(ネッツ店)

(引用元:ベストカー)

 

トヨタ系は、地場資本店がほとんどなので、このようにそれぞれ独自に展開しています。

 

 

日産の対応

日産は、エクストレイルハイブリッドやエルグランドの一部改良以外、目立ったモデル改良がありません。

 

そのため、ディーラーの大型キャンペーンを実施しています。

 

「5月31日までの成約かつ6月30日までのナンバー取得を条件に、自動ブレーキ乗り替え応援キャンペーンを実施しています。対象モデルは10万円、7万円、5万円のディーラーオプションをプレゼントしています」(都内日産店)

(引用元:ベストカー)

 

さらに、販売店よっては、オリジナル限定車を設定して、お買い得感をアピールしています。

 

 

ホンダの対応

ホンダは、S660や新型ステップワゴン、新型シャトルなど、多数のニューモデルを投入しているので、これを軸に販売を盛り上げています。

 

また、軽自動車のNシリーズに関しては、ディーラーによっては

「ナビとドライブレコーダー、ETC車載機をセットにして10万円以上の格安価格を設定して販売しています」(ホンダカーズ店)

(引用元:ベストカー)

ということも行っています。

 

 

マツダの対応

マツダは、現在人気のCX-3や5月21日に販売を開始した新型ロードスターを中心に、販売現場を盛り上げています。

 

また、デミオやアクセラ、CX-5などの戦略車は、値引きや下取り価格の交渉によって、条件を決めているそうです。

 

 

スズキの対応

スズキは、新型アルトやハスラー、エブリイを中心に、オプションプレゼントキャンペーンを実施しています。

 

また、販売店によっては、メーカー系の大型店を中心に、小型車ではさらに+5万円の乗り換えサポート(値引き)も実施しています。

 

 

ダイハツの対応

ダイハツは、5月末まで新型ムーヴの試乗キャンペーンを実施していました。

 

試乗体験の感想をWEBに投稿することで、デジタルカメラや電子書籍リーダーなど豪華賞品が当たるというキャンペーンでした。

 

 

スバルや三菱の対応

スバルはエクシーガクロスオーバー7、三菱はeKワゴン&eKスペースのお買い得モデルを中心に、4月から増販キャンペーンを展開しています。

 

 

このように、自動車メーカー各社とも、新車の売れ行きが悪い中でも、販売台数を増やそうと努力しているんですよ。

 

 

新車のお買い得のタイミングはいつ?

4月になり、売れ行きが減少しているため各社ともキャンペーンを実施しています。

 

けれど、5月までは、値引きは引き締めているそうです。

 

では、お買い得はいつかというと…。

「6~7月の夏期セールはミディアムクラスで2~3万円拡大する。以降は9月の中間セール、11~12月の冬期セールでさらに拡大していく。今年の次の買い時は9月の中間決算セールあたりでしょう」

(引用元:ベストカー)

 

やはり、決算時期がお買い得なようですね。

 

今年、新車を購入する予定の人は、このタイミングを狙ってみてはいかがでしょうか。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。サービスは、すべて無料で利用できます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる業者を紹介してくれる、新しい車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

電話は1社からだけ査定も1回だけという、手間なく、かんたんに、楽に良い条件で車を売ることができます。査定の申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した、これまでにない新しい車査定サービスです。

 


車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ