2017年に登場する予定の新型車|人気車の新型が続々登場

目安時間:約 11分

新型車の登場は、クルマ好きだけでなく、多くの人をワクワクさせます。

 

一方で、新車を購入するときは、「車両情報」「ライバルとの関係性」「値引き情報」だけでなく、「どんな車が登場するか」という新型車情報を知っていると得することがたくさんあります。

 

2017年も人気車のフルモデルチェンジや、魅力あふれる新型モデルが続々と登場します。

 

そこで、『2017年に登場する新型車』についてお話ししますね。

 

これから車を購入する予定の人は、参考にしてください。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

新型車情報を知っておくと、商談で有利になることも

モデルチェンジが行われると、自動車市場の動向は、大きく変わります。

 

たとえば、SUVに新型車が登場すると、その新型車はもちろん注目を集めますよね。

 

それと同時に、注目度がSUVのジャンル全体に広がっていくんです。

 

 

とくに新型車と同じような特徴を持っている車種は、商談のときに競合モデルとして引き合いに出されることが多くなります。

 

本命は新型車だったとしても、競合車の特徴や販売状況を調べたり、見積りをもらったりするために、買う気はなくても競合車を取り扱う新車販売店にいきます。

 

なかには、「競合車のほうがいいかも」と、心変わりをして競合車を購入してしまう人もでてきます。

 

このような情報収集などが、市場を活性化させる要因になるんです。

 

 

また、モデルチェンジが近づくと、現行型はすぐに旧型モデルになります。

 

モデル末期車は、車両本体値引き額が拡大する可能性があります。

 

新型車が登場するスケジュールをあらかじめ知っていると、営業マンとの商談に煮詰まってもいいくるめられることもなく、購入時に得する可能性は高くなるんですよ。

 

 

2017年に登場する予定の新型車

●1月|新型ワゴンR登場

2016年から噂されていたスズキ・ワゴンRがフルモデルチェンジされ、トヨタ・ヴィッツがマイナーチェンジされました。

 

これにより2017年は、小型車市場が盛り上がる可能性大です。

 

 

新型ワゴンRは、プラットフォームを一新して、マイルドハイブリッドが搭載されました。

 

性能の向上は、予想の範囲を超えて抜群に良くなっています

 

 

新型ヴィッツは、マイナーチェンジにより、待望のハイブリット車が追加されました。

 

これにより、トヨタ全ラインアップのハイブリッド化に、また一歩近づきました。

 

 

●2月|新型プリウスPHVが登場
2月には、話題の新型プリウスPHVが登場しました。

 

プリウスシリーズの上位に位置づけられているモデルとして、最新の機能や装備が充実しています。

 

ソーラーパネルで発電するのは3代目プリウスと同じ(3代目はオプション設定さていました)ですが、新型プリウスPHVは、駆動用の電力も得られます。

 

 

これまでプリウスは完成度が高かったため、プリウスPHVの販売は苦戦を強いられてきました。

 

しかし、新型プリウスPHVは、プリウスの派生でなく、ハイブリッドカーのエコ系以外の魅力をかなりアピールした車になっています。

 

 

●3月|新型XVが発表
国内外ともに、自動車業界が注目している話題は、1月のデトロイトショーと3月のジュネープショーです。

 

発表される車は欧州仕様ですが、日本での発売がほぼ確実されているモデルがここでお披露目されるのも一般的になっています。

 

そのため、国産車はもちろんですが、日本で馴染みのある欧州ブランドが発表する新型車にも注目が集まります。

 

 

2017年3月7日のジュネープショーでは、新型スバルXVがお披露目されました。

 

現行型は1月に受注が終了していて、3月9日から予約の受付が始まっています。

 

 

●4月|フィットのマイナーチェンジを実施
4月の目玉は、ホンダ・フィットのマイナーチェンジです。

 

発売してから好調な販売を続けているノートe-POWERをはじめ、ライバルのトヨタ・アクア、スズキ・スイフト、トヨタ・ヴィッツハイブリッドなど、コンパクトカー市場は、かつてないほどの盛り上がりを見せています。

 

 

ホンダは、新型フィットに1L3気筒エンジンの搭載や、ホンダセンシングの採用といった改良を行ない、ライバルたちに挑みます。

 

新型フィットは、燃費や安全性、そして走りもグレードアップしていますよ。

 

 

●5月|ノア3兄弟のビッグマイナーチェンジに期待
5月は、トヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクァイアのミニバン3兄弟のビックマイナーチェンジが予定されています。

 

登場から3年が経過するノア3兄弟の新型車には、「ダイナミック フォース エンジン」が搭載される予定です。

 

 

ほかにも、BMW・5シリーズツーリングや、メルセデス・ベンツE63 S AMGステーションワゴンの発売も予定されています。

 

 

●6月|続々と年次改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジが行なわれる
6月は、年次改良やマイナーチェンジ、さらにフルモデルチェンジが次々に行われます。

 

トヨタはアクアとハリアーが、スバル・レヴォーグの年次改良が予定されています。

 

 

また、海外で販売されているホンダ・シビックが、日本でも登場される予定です。

 

マイナーチェンジを予定している車種は、登場から数年を経ているので、熟成が進みパフォーマンスはもちろんですが、お買い得感もさらに高まるはずです。

 

 

●7月、8月|話題となる新型車の予定はほぼなし
6月に多くのモデルが登場するため、ホンダ・ヴェゼルがマイナーチェンジする以外は、大きな動きはなさそうです。

 

各メーカーとも完全に何もないことはないと思いますが、今のところ話題となる車種の改良や新型の導入はありません。

 

 

●9月|軽自動車No.1のNボックスがフルモデルチェンジ
軽自動車において、販売台数ナンバー1のホンダ・N-BOXが初めてフルモデルチェンジを行ないます。

 

Nシリーズは、ホンダの売れ筋車種なので、キープコンセプト(エクステリアなどのデザインを旧型モデルからほとんど変えないこと)になると予想されています。

 

しかし、能力はあらゆる面で改良されて向上しています。

 

好評な室内の広さはさらに拡大される予定で、居住性や使い勝手の向上も期待できます。

 

 

●10月|東京モーターショー開催
45回目となる東京モーターショーは、2017年10月27日~11月5日に東京ビックサイトで開催されます。

 

東京モーターショーでは、魅力的な新型車が続々と発表されます。

 

なかでも、レクサスのフラッグシップモデルの「レクサスLS」の新型が、日本で初披露となります。

 

新型レクサスLSは、GA-Lプラットフォームを採用して、ガソリン、ハイブリッドのほかにFCV(燃料電池車)が用意される可能性があります。

 

そうなると、メルセデス・ベンツのSクラスやBMW・7シリーズなどの欧州プレミアムサルーンを凌駕することに。

 

レクサスLC500とともに、レクサスが世界中のセレブから注目を集めることなること間違いなしです。

 

 

●11月|ついにセンチュリーが新型に
2017年は、トヨタの創業者である豊田佐吉の生誕150周年ですので、トヨタにとって記念すべき年です。

 

なので、トヨタのフラッグシップサルーン(最上級セダン車)が、フルモデルチェンジするには、絶好のタイミングなんです。

 

フルモデルチェンジするのはトヨタ・センチュリーの予定で、新型レクサスLSのコンポーネンツ(車両構成部品としての組み立て品でエンジンなど)を活かした車に生まれ変わります。

 

ハイブリッド化も予定され、時代にあった充実した装備を搭載する予定です。

 

 

このように、2017年もいろいろな新型車が登場します。

 

新型車の登場は、今からワクワクしますね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー