2017年度の夏商戦で、新車をお得に購入するための傾向と対策

目安時間:約 6分

新車販売業界では本格的な2017年の夏商戦が始まりました。

 

夏商戦は6月と7月が中心で、新車をお得に購入できる時期のひとつです。

 

では、夏商戦で新車を安く購入するのは、どうしたらいいでしょうか?

 

そこで、『2017年度の夏商戦で、新車をお得に購入するための傾向と対策』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

2017年度は軽自動車の販売台数が回復傾向

5月1日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は、2017年4月の新車販売台数を発表しました。

 

自販連の統計による登録乗用車の新車販売台数は、19万5874台(対前年比106.1%)。

 

全軽自協の統計による軽四輪乗用車の新車販売台数は、 10万1412台(対前年比119.7%)でした。

 

 

統計の結果からは、2016年度末商戦が好調だったにもかかわらず、2017年4月も販売台数の落ち込みはなかったことがわかります。

 

とくに軽自動車の販売は好調でした。

 

5月にフルモデルチェンジを行ったダイハツ・ミライースに続いて、まもなくホンダ・Nボックスもフルモデルチェンジを実施する予定なので、2017年度は軽自動車クラスの盛り上がりが期待できそうです。

 

 

夏商戦は6月中に結論を出すのがおすすめ。7月をメインにするなら在庫車を狙う

6月に入ると、新車販売の世界では「夏商戦」が始まります。

 

夏商戦のメイン期間は6月と7月ですが、できるだけ6月中に結論を出すように、5月下旬から商談を進めるのがポイントです。

 

 

近年は、四半期決算を重視する傾向が強くなっています。

 

四半期決算とは、1年を4期に分けて3か月ごとに決算締めを行うことで、6月、9月、12月、3月が決算締め月です。

 

なので、夏商戦は6月のほうが、値引き条件が拡大する可能性が高いんです。

 

 

自動車メーカーや新車販売店は、できるだけ6月に販売実績を上積みしたいと考えています。

 

なので、「6月内登録が間に合いそう」くらいの商談でも値引き条件が拡大していく傾向にあります。

 

結果的に登録が7月になっても、値引き条件が縮小することはないので安心してください。

 

このように、夏商戦でお得に新車を買いたいなら、6月をメインに商談を進めるといいですよ。

 

 

「在庫車」を狙っているなら、7月をメインに商談をすすめるといいです。

 

軽自動車やコンパクトカー、ミニバンなどの売れ筋クラスは、そのどの自動車メーカー(トヨタ車以外)も在庫車が多くもっています。

 

在庫車をメインに短期決戦で商談を行えば、予想以上の好条件が出てくる可能性が高いんです。

 

なかでも軽自動車は、全体的に納期が短いので、7月に入ってから商談するのも得策ですよ。

 

 

このように、夏商戦は6月の商談がポイントなんです。

 

 

新車の販売統計に注目すると、値引き拡大につながるヒントあり

新車をお得に購入するために、新車の販売統計に注目するのもポイントのひとつです。

 

自販連や全軽自協の販売統計は、インターネットで誰でも見ることができますので、この販売統計を商談に活用するんです。

 

 

たとえば、2017年3月の車種別統計をみると、ホンダ・フリードとトヨタ・シエンタの販売台数の差は1、300台でフリードが勝っています。

 

これくらいの台数の差ですと、どちらかがかなり意識して販売バトルを展開している可能性があります。

 

実際に、フリードがかなり値引き条件を拡大し、シエンタとバトルを展開していました。

 

また、トヨタ・プリウスと日産・ノートe-POWERといった、少し違う車種の販売バトルが展開している様子も、販売統計から把握することができます。

 

 

販売台数を分析すると、購入希望車種の競合車が分かることがあるんですよ。

 

お得に新車を購入したいなら、販売台数を分析してみてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー