車のバッテリーの文字列の意味は?交換時期は初充電から3年をめどに

目安時間:約 6分

車のバッテリーは、エンジンを始動するのに必要な部品です。

 

スターターモーターを始動させるだけでなく、最近は、エンジンやサスペンションのコンピューター制御システム、アイドリングストップ、充電制御システムなどにもバッテリーの電力が使われています。

 

そんなバッテリーには、数字と英字の組み合わせの文字列が書かれています。

 

この文字列は、何を表しているのでしょうか?

 

『バッテリーに書かれている数字と英字の文字列の意味は?』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

バッテリーに書かれている数字などの文字列は、性能やサイズを表している

バッテリーには、搭載されている車によってサイズがあります。

 

バッテリーを見ると、「40B19L」など数字と英文字の文字列が書かれていて、これはバッテリーの性能やサイズを表しています(JIS規格で決まっています)。

 

 

「40」は、バッテリーの性能ランクを表していて、数字が大きくなるほど始動性能や容量が高性能になっていきます。

 

50未満は2刻み、50以上は5刻みで大きくなっていきます。

 

性能ランクは、コールドクランキング電流値やリザーブキャパシティを元に算出されます。

 

 

「B」は、バッテリーの短い方の側面のサイズを表して、幅×箱の高さを表しています。A~Hで示していて、Hに近づくほどサイズが大きくなっていきます。

 

 

「19」は、長い方の側面の長さを表していて、数字そのままの長さ(cm)となっています。

 

 

「L」は、マイナス端子の位置を表していて、両端子を手前にして置いたときにマイナス端子が右にあればR、左のあればLとなります。

 

バッテリーの文字列は、このようなことを表しているんです。

 

 

ちなみに、この文字列のうち、後ろの3つ(例では、B19L)は、車に合わせた部分となっています。

 

なので、バッテリの性能アップを狙うときは、先頭の性能ランク(例では40)の部分の数字を大きくして、後ろの3つはそろえるようにしてください。

 

「40B19L」⇒「50B19L」なら、乗せ替えOKということです。

 

 

バッテリーには、メンテナンスフリーと標準タイプがあります

バッテリーには、電解液が減ったときに精製水を補充する「標準タイプ」(補水タイプ)と、補水を必要としない「メンテナンスフリータイプ」があります。

 

標準タイプは、温度上昇や電気分解で電化液が減少してしまうと、極板腐食現象が起こり故障の原因となる。対して「メンテナンスフリータイプ」は、蒸発した水分を結露させて内部に戻す還流迷路構造になっている。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、標準タイプは定期的に精製水を補充する必要がありますが、メンテナンスフリータイプは精製水を補充する必要がないんです。

 

ただ、メンテナンスフリーといっても、まったくメンテナンスをしなくて良いというわけではなく、充電状態をチェックしたり、液漏れやひび割れがないかチェックしたりした方が良いんですよ。

 

※バッテリーは、定期的にメンテナンスすると長持ちします

車のバッテリーのメンテナンス方法。点検をして寿命まで使い切ろう

 

 

バッテリーは、寿命に注意

バッテリーで気をつけなければいけないのが「寿命」です。

 

一般的に、バッテリーの寿命は3年といわれています。

 

けれど、ちょっとだけ注意してください。

 

国内メーカーの場合、バッテリーに「01 04 16」や「04 16」といった数字が書かれています。

 

これは、2016年4月(1日)に、初めて充電されたということで、ここから約3年を目安とするといいですよ。

 

 

ちなみに、バッテリー上がりは、寿命ではありません。

 

これは充電すれば復活するので安心してください。

 

寿命は、経年劣化で化学反応が起こらなくなり、電気が作れなくなったことをいいます。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー