車のLEDヘッドライトは無交換でいい?HIDはメンテナンスフリー?

目安時間:約 5分

夜道を車で走る時の必須部品といえばライトですよね。

 

そのライトに使われているのが“バルブ”です。

 

バルブは、ヘッドライト以外にも、テールランプやルームランプなど、車内外のいたるところに使われています。

 

そんなバルブに変わり、近年はLEDを使う車も増えましたが、LEDは無交換でよいのでしょうか?

 

LEDは無交換で大丈夫なの?』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

HIDも寿命があります

バルブは電球なので、家庭用と同じく寿命があって突然切れてしまいます。

 

昔からのハロゲンはいわば白熱球なので寿命があり、その寿命は、点灯時間と点灯回数によって決まります。

 

なので、寿命がどのくらいとははっきり言えません。

 

 

そして、気を付けたいのがHIDです。

 

HIDは、メンテナンスフリーと思っている人が多いですが、ハロゲンに比べて寿命が長いだけで寿命はあります

 

いきなり切れることもありますし、色が濁ってきたり、左右の明るさがバラバラになったりすることもあります。

 

HIDだからといって、メンテナンスフリーではないので気を付けてくださいね。

 

 

現在増加中のLEDは無交換でOKなの?

では、テールランプやヘッドライトなどで最近増えているLEDは、メンテナンスフリーでいいのでしょうか?

 

明るくて消費電力も少ないと高性能なLEDですが、もちろん寿命はあります

 

ハロゲンやHIDよりも寿命はかなり長いですが、メンテナンスフリーとはいきません。

 

しかも、LEDだけがダメになるということ以外にも、基盤がダメになることもあるんです。

 

LEDを点灯させるには回路が必要で、その基盤がダメになることもあるんです。

 

基盤がダメになると修理となるので、費用はかなりかかってしまいます。

 

 

バルブを自分で交換する時の注意点

ヘッドライトなどのバルブは、比較的簡単に交換することができます。

 

ですが、注意点もいくつかあります。

 

 

その一つは、バルブ形状の規格です。

 

H4やH7、H3、H3cなど、ヘッドランプのバルブには、規格がたくさんあります。

 

最近は、異形のヘッドランプなどが増え、それに合わせて規格もどんどん増えています。

 

もちろん、同じ規格のものでないと交換はできません。

 

紛らわしいですが、間違えないようにしてください。

 

 

また、バルブが付いているコネクターが抜けにくいこともあります。

 

コネクターが抜けないからといって、強く引っ張ったり、配線を引っ張るのもNGです。

 

 

バルブを交換するときは、ガラス部分に触らないようにしましょう。

 

手の脂分が熱を持ち、ガラスが割れることがあるので注意です。

 

 

そして、バルブやコネクターには、装着する向きがあります。

 

無理に押し込むと光軸がずれることがあるので注意です。

 

バルブ交換をするときは、これらに注意して行ってくださいね。

 

 

ヘッドライトなどのバルブは、どんなものでも寿命があります。

 

日頃から切れてないかを確認し、切れてしまったらすばやく交換してくださいね。

 

ちなみに、テールランプのバルブ切れは気づきにくいですが、赤信号で止まったときに、後ろの車への映り込みを確認すると、切れているかどうか簡単に判断できますよ。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー