車の種類。形やサイズ、シート数などでタイプが分かれます

目安時間:約 7分

車にはセダンやSUVなど、さまざまな種類があります。

 

車好きな人は、その種類の名前を聞いて、どのような車なのかパッと頭に思い浮かぶと思いますが、それほど車に詳しくな人は、「?」となることもあるのではないでしょうか。

 

なので、車にはどのような種類があるのかお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

軽自動車と普通車

まず、大きく分けて、軽自動車と普通車があります。

 

軽自動車は、ナンバープレートが黄色の車で、ボディサイズやエンジンの排気量に以下のような制約があります。

 

【軽自動車の規格】

・全長3400×全幅1480×全高2000mm以下

・エンジンの排気量は660cc以下

・乗車人数は4人以下

 

 

一方、普通車は、ざっくりいうと、軽自動車以外の車のことです。

 

車両総重量は5t、最大積載量3t、乗車定員が11人以上になると、『普通車』ではなく『中型車』や『大型車』になってしまいます。

 

普通車には、3ナンバー車と5ナンバー車があり、

 

・全長4700mm×全幅1700mm×全高2000mm以下

・エンジン排気量2,000cc以下

 

なら5ナンバー、どれか一つでも超えたら3ナンバーになります。

 

 

ちなみに、軽自動車の規格を超える車は、『登録車』と呼ばれることもあります。

 

 

車の種類

次は、車の種類についてです。

 

一つずつ紹介していきますね。

 

 

【セダン】

日本の代表的なファミリーカーの中心的存在のひとつです。

 

ボンネット・キャビン・トランクがはっきり分かれているので、3ボックスと呼ばれることもあります。

 

現在は、代表的なファミリーカーの座はミニバンに奪われてしまいましたが、高級車市場では今でも中心的な存在です。

 

トヨタ・プリウスやホンダ・グレイス、日産・スカイラインなどが、このジャンルになります。

 

 

【SUV】

SUVは、スポーツ・ユーティリティ・ビーグルの略で、路面とボディとのすき間が大きいのが特徴です。

 

悪路走行が得意なのも特徴です。4WDが基本ですが、2WDを設定している車種もあります。

 

新聞などでは、スポーツ多目的車と書かれることもあります。

 

マツダ・CX-5、トヨタ・ハリヤー、ホンダ・ヴェゼルなどが、このジャンルになります。

 

 

【ミニバン】

3列シートを備えている車です。(3列シートであることが絶対条件)

 

後席のドアは、多くの車種がスライドドアですが、スバル・エクシーガのようにヒンジドア(通常の横開きのドア)の車種もあります。

 

SUVでも3列シートを備えている車種がありますが、この場合は、ミニバンとは呼びません。

 

トヨタ・アルファード、日産・セレナ、ホンダ・フリードなどが、このジャンルになります。

 

 

【ステーションワゴン】

セダンがベースになっていて、荷室までキャビン(車で人が乗る部分)をのばした車種です。

 

コンパクトカーよりもリアが長いので、荷物をたくさん積むことができます。

 

トノカバーと呼ばれる荷室の目隠しカバーが無いと、荷物が丸見えになるので注意です。

 

トヨタ・カローラフィールダー、ホンダ・フィットシャトル、マツダ・アテンザワゴンなどが、このジャンルになります。

 

 

【コンパクト】

ボディの後ろのお尻の部分が、ストンと落ちた形状をしている車です。

 

ボディの後端が短いので、バックがしやすいのですが、荷室が狭いのが弱点です。

 

セダンの3ボックスに対して、コンパクトカーは2ボックスといわれることもあります。

 

トヨタ・ヴィッツやホンダ・フィット、マツダ・デミオなどがこのジャンルになります。

 

 

【スポーツ&スペシャリティ】

2ドアや走りを強化したモデルで、クーペボディやオープンカーボディなどがあります。

 

趣味性が高いので利便性は悪いですが、車を走らせることを楽しむことができます。

 

トヨタ・86/スバル・BZR、日産・GT-R、スバル・WRX STI、マツダ・ロードスターなどが、このジャンルになります。

 

 

【EV&FCV】

普通のガソリンエンジンの車は、ガソリン(化石燃料)を燃料として走ります。

 

EVやFCVは、化石燃料以外を燃料として走る車です。

 

EVはエレクトリック・ビークルの略で、電気自動車を意味しています。燃料である電気は、コンセントから充電します。

 

FCVはフューエル・セル・ビークルの略で、燃料電池自動車を意味しています。圧縮水素を燃料とし、水素と酸素を化学反応させて電気を作って車を走らせます。

 

どちらも排気ガスはでないんですよ。

 

日産・リーフ、ミツビシ・iーMiEV、トヨタ・ミライなどが、このジャンルになります。

 

 

車にはこのような種類があります。覚えておくと、車の話をするときに便利ですよ。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー