車の種類。形やサイズ、シート数などでタイプが分かれます

車にはセダンやSUVなど、さまざまな種類があります。

 

車好きな人は、その種類の名前を聞いて、どのような車なのかパッと頭に思い浮かぶと思いますが、それほど車に詳しくな人は、「?」となることもあるのではないでしょうか。

 

なので、車にはどのような種類があるのかお話ししますね。

 

 

電話が来るのは1社だけ。オークション形式車買取査定サービス
  • かんたんな方法で愛車を高く売りたい
  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 安心な方法で愛車を売りたい

 

車買取一括査定のデメリットを解決した車査定サービスで、あなたの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

軽自動車と普通車

まず、大きく分けて、軽自動車と普通車があります。

 

軽自動車は、ナンバープレートが黄色の車で、ボディサイズやエンジンの排気量に以下のような制約があります。

 

【軽自動車の規格】

・全長3400×全幅1480×全高2000mm以下

・エンジンの排気量は660cc以下

・乗車人数は4人以下

 

 

一方、普通車は、ざっくりいうと、軽自動車以外の車のことです。

 

車両総重量は5t、最大積載量3t、乗車定員が11人以上になると、『普通車』ではなく『中型車』や『大型車』になってしまいます。

 

普通車には、3ナンバー車と5ナンバー車があり、

 

・全長4700mm×全幅1700mm×全高2000mm以下

・エンジン排気量2,000cc以下

 

なら5ナンバー、どれか一つでも超えたら3ナンバーになります。

 

 

ちなみに、軽自動車の規格を超える車は、『登録車』と呼ばれることもあります。

 

 

車の種類

次は、車の種類についてです。

 

一つずつ紹介していきますね。

 

 

【セダン】

日本の代表的なファミリーカーの中心的存在のひとつです。

 

ボンネット・キャビン・トランクがはっきり分かれているので、3ボックスと呼ばれることもあります。

 

現在は、代表的なファミリーカーの座はミニバンに奪われてしまいましたが、高級車市場では今でも中心的な存在です。

 

トヨタ・プリウスやホンダ・グレイス、日産・スカイラインなどが、このジャンルになります。

 

 

【SUV】

SUVは、スポーツ・ユーティリティ・ビーグルの略で、路面とボディとのすき間が大きいのが特徴です。

 

悪路走行が得意なのも特徴です。4WDが基本ですが、2WDを設定している車種もあります。

 

新聞などでは、スポーツ多目的車と書かれることもあります。

 

マツダ・CX-5、トヨタ・ハリヤー、ホンダ・ヴェゼルなどが、このジャンルになります。

 

 

【ミニバン】

3列シートを備えている車です。(3列シートであることが絶対条件)

 

後席のドアは、多くの車種がスライドドアですが、スバル・エクシーガのようにヒンジドア(通常の横開きのドア)の車種もあります。

 

SUVでも3列シートを備えている車種がありますが、この場合は、ミニバンとは呼びません。

 

トヨタ・アルファード、日産・セレナ、ホンダ・フリードなどが、このジャンルになります。

 

 

【ステーションワゴン】

セダンがベースになっていて、荷室までキャビン(車で人が乗る部分)をのばした車種です。

 

コンパクトカーよりもリアが長いので、荷物をたくさん積むことができます。

 

トノカバーと呼ばれる荷室の目隠しカバーが無いと、荷物が丸見えになるので注意です。

 

トヨタ・カローラフィールダー、ホンダ・フィットシャトル、マツダ・アテンザワゴンなどが、このジャンルになります。

 

 

【コンパクト】

ボディの後ろのお尻の部分が、ストンと落ちた形状をしている車です。

 

ボディの後端が短いので、バックがしやすいのですが、荷室が狭いのが弱点です。

 

セダンの3ボックスに対して、コンパクトカーは2ボックスといわれることもあります。

 

トヨタ・ヴィッツやホンダ・フィット、マツダ・デミオなどがこのジャンルになります。

 

 

【スポーツ&スペシャリティ】

2ドアや走りを強化したモデルで、クーペボディやオープンカーボディなどがあります。

 

趣味性が高いので利便性は悪いですが、車を走らせることを楽しむことができます。

 

トヨタ・86/スバル・BZR、日産・GT-R、スバル・WRX STI、マツダ・ロードスターなどが、このジャンルになります。

 

 

【EV&FCV】

普通のガソリンエンジンの車は、ガソリン(化石燃料)を燃料として走ります。

 

EVやFCVは、化石燃料以外を燃料として走る車です。

 

EVはエレクトリック・ビークルの略で、電気自動車を意味しています。燃料である電気は、コンセントから充電します。

 

FCVはフューエル・セル・ビークルの略で、燃料電池自動車を意味しています。圧縮水素を燃料とし、水素と酸素を化学反応させて電気を作って車を走らせます。

 

どちらも排気ガスはでないんですよ。

 

日産・リーフ、ミツビシ・iーMiEV、トヨタ・ミライなどが、このジャンルになります。

 

 

車にはこのような種類があります。覚えておくと、車の話をするときに便利ですよ。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。サービスは、すべて無料で利用できます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる業者を紹介してくれる、新しい車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

電話は1社からだけ査定も1回だけという、手間なく、かんたんに、楽に良い条件で車を売ることができます。査定の申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した、これまでにない新しい車査定サービスです。

 


車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ