カーナビの種類は大きく分けて4つ。違いや特徴を比較

目安時間:約 4分

近年、カーナビは、多くの車に付いています。

 

行きたい所までの道のりや、初めて走る道を案内してくれるので、とても便利ですよね。

 

そんなカーナビは、いろいろな種類がありますが、大きく分けて4つのタイプに分かれます。

 

そこで、『カーナビの種類と特徴』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら、この方法で決まり!
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額の上乗せを狙いたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

HDDナビ|カーナビの種類1

カーナビには、メカニズムによって4つの種類があります。

 

その一つが、ハードディスクを備えたHDDナビです。

 

HDDナビは、ハードディスクを内蔵したカーナビで、情報の容量が大きく、検索するときの速度も早いのが特徴です。

 

そのため、高級車を中心に搭載されることが多いですが、近年は、割安な価格の機種も増えてきています。

 

地図を更新すれば、つねに新しい道路情報の提供をうけることができ、地図の更新がしやすいのも特徴です。

 

情報量が多く、使いやすいのが魅力のカーナビです。

 

 

SDナビ|カーナビの種類2

近年増えているのがSDナビです。

 

SDカードに地図情報が入っていて、作動もすばやくて人気を集めています。

 

情報量の多さはHDDナビにかないませんが、実用的にはSDナビでも不満を感じることはありません。

 

急速に普及しているため、価格も安くなってきて、ディーラーオプションの中には、10万円以下のものも出てきました。

 

価格も割安になってきて、急速に普及してきているのがSDナビです。

 

 

フラッシュメモリーナビ|カーナビの種類3

フラッシュメモリーを使ったカーナビです。

 

価格が安く、量販店などで販売されていて汎用品にも多く見られます。

 

機能がシンプルで、価格は4万~6万円程度のものもあり、安さを重視するならぴったりのカーナビです。

 

車を買った後で装着する場合にも適しています。

 

低価格で汎用品にも多い普及型のカーナビが、フラッシュメモリーナビです。

 

 

スマホ表示タイプ|カーナビの種類4

近年は、カーナビの代わりに、スマートフォンの地図案内を利用している人も少なくありません。

 

スマートフォンのカーナビ機能が進化して、道案内をしてくれるからです。

 

カーナビ専用の機種と比べて精度は下がってしまいますが、目的地がレジャー施設など敷地面積が大きなところであれば、十分、使うことができます

 

スマホの画面を大きく表示するモニターもあります。

 

今後は、カーナビは装着せずに、スマートフォンをナビ代わりにするということが当たり前になるかもしれませんね。

 

 

このようにカーナビには、メカニズムによって大きく4つの種類があります。

 

購入する時は、使用用途や価格から、自分にあったものを選んでくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー