人気SUVのC-HRのベストグレードは?どのように違うの?

目安時間:約 9分

2016年12月14日に新発売されたコンパクトSUVのトヨタ・C-HR。

 

新型C-HRは、かなり人気となっていて、発売開始から1ヵ月で48000台も受注しました。

 

ハイブリッド車とガソリン車の設定がありますが、いまのところハイブリッド車のほうが人気となっています。

 

そんなCH-Rは、ハイブリッド仕様は2WDしかなく、4WDが欲しい人はターボ仕様を選ばなくてはならず、グレード選びに迷う人は多いです。

 

そこで、『新型C-HRのグレード別の違いとおすすめのグレード』についてお話ししますね。

 

グレード選びで迷っている方は参考にしてくださいね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

新型C-HRは、ハイブリッド車もガソリンターボ車も動力性能はほとんど同じ

新型C-HRは、発売から1ヵ月で48000台を受注しています。

 

内訳は、ハイブリッド車が37000台、ガソリン車が11000台で、ハイブリッド車が全体の3/4を占めています。

 

 

新型C-HRのグレード設定は4種類で、ハイブリッド車は2WDのみ、ガソリンターボ車は4WDのみとなっています。

 

高価なハイブリッドと複雑な4WDを組み合わせないことで、2WD車より4WD車のほうが安い価格になっているんです。

 

1.8Lハイブリッド車のJC08モード燃費は30.2km/L、1.2Lガソリンターボ車のJC08モード燃費は15.4km/Lです。

 

ガソリンターボ車の燃費は、ハイブリッド車に比べると半分位まで下がりますが、トヨタのハリアー(2000cc4DW車)とあまり変わらないので、燃費が悪いというわけではないですよ。

 

 

体感的なC-HRの動力性能は、ハイブリッド車もガソリンターボ車もほとんど同じですが、ハイブリッド車は粗さを感じるため、走りの質はガソリンターボ車のほうが上です。

 

一方、燃費性能は、圧倒的にハイブリッド車が良く、経済的に魅力なのはハイブリッド車です。

 

ハイブリッド車もターボ車も新型プリウスと同じ新型プラットフォーム「TNGA」が採用されているので、ハンドリングはスムーズで気持ちよく、どのグレードも安定感のある走行が楽しめますよ。

 

 

C-HRのグレードは、「S」「S-T」はスタンダードなグレードで、「G」「G-T」は上級グレードです。

 

上下グレードの価格差は約26万円ですが、スタンダードなグレードでも装備内容は良く、すべてがベストの1台といえます。

 

あえて選択するなら、満足度ではG-Tグレードを、経済面ではSグレードを選んでおけば間違いないですよ。

 

・1.8Lハイブリッド車 G(2WD)290万5200円

・1.8Lハイブリッド車 S(2WD)264万6000円
・1.2Lガソリンターボ車 G-T(4WD)277万5600円
・1.2Lガソリンターボ車 S-T(4WD)251万6400円

 

 

新型C-HRのハイブリッド車は、低燃費だけど発進加速時の振動が気になる

新型C-HRハイブリッド車の特徴は、空気抵抗よりもデザインを重視したフォルムながら、30km/Lを越えるJC08モード燃費です。

 

パワーは少し物足りなさを感じますが、それはシャシー性能が高いために感じることなので、一般的な走行では十分な実力です。

 

ただ、発進からの加速時に排気音がガサついて、軽く振動を感じます。

 

アクセルを1/3程度踏んでゆっくり走り出しても、振動を感じるので発進の度に味わうことになります。

 

ほかが静かでスムーズな分、発進加速時の排気音と振動は気になるところです。

 

 

走行モードは、パワーモード、ノーマルモード、エコモードの3つのモードから状況に合わせて選択することができます。

 

走行モードの切り替えは、マルチインフォメーションモニターに表示されて、ハンドルの右側にあるステアリングスイッチで操作します。

 

はじめは操作に戸惑うかもしれませんが、慣れると別体スイッチより扱いやすいですよ。

 

遮音性は高く、車内はとても静かですが、車内では気にならない電動パーキングブレーキの作動音は、車外ではかなりうるさいです。

 

 

新型C-HRのガソリンターボ車は、スムーズで扱いやすい

新型C-HRの加速性能は、メーカーの測定値ではハイブリッド車の方が優れていますが、体感では差はありません。

 

低回転から過給圧(ブースト圧)がかかるため、1.2Lでも排気量の小ささは感じず「さすがターボエンジン」という印象です。

 

ハイブリッド車のような粗さもないので、快適な走りを楽しむことができますよ。

 

パドルシフトが装備されていないのが残念なところですが、シフトレバーを右に倒せばシーケンシャル操作ができるようにはなっています。

 

 

ガソリンターボ車のホイールサイズは、G-Tグレードが18インチ、S-Tグレードが17インチです。

 

ハンドル操作の手応えと反応の良さは、18インチのほうがよく、より細やかに動く印象があります。

 

スポーティさだけでなく、車との一体感を感じることができるんです。

 

 

4WD用のスイッチなどはありませんが、4輪へのトルクの配分やGの動きを表示する「4WDコントロール」が用意されています。

 

Gメーターと4輪へのトルク配分が一体表示されて、目でも楽しませてくれますよ。

 

 

LEDの前後ランプは、全体の7割弱が装着している

新型C-HRの上級グレードを購入した人のほとんどが装着したのが、メーカーオプションの「前後LEDランプ」です。

 

価格が15万1200円と比較的高価ですが、LEDならではの白いビームと、流れるウインカーがカッコイイとため、装着する人が多いんです。

 

ただ、Sグレード、S-Tグレードには装着できないため、上級グレードにLEDランプを装着すればリセールバリューは期待できます。

 

 

新型C-HRの購入者を年齢別で分けると、50歳以上が45%も占めています。

 

新型C-HRの唯一のマイナスポイントは、後席の視界が悪く後ろが見えずらいところです。

 

後席の空間は広いんですが、精神的に狭さと暗さを感じるため、ファミリー層には向いていません。

 

大人2人乗りをメインとして後席には荷物を置くという2+2シーター的な利用なら、後席の閉塞感を感じることもなく、新型C-HRの魅力を100%引き出すことができますよ。

 

 

エクステリアデザインは、「カッコいい」と評判です。

 

人気のボディカラーは、オーソドックスな白、銀、黒のモノトーンで、受注台数の約7割も占めているんですよ。

 

派手なカラーもいいですが、複雑な面構成が映えるのは、意外と地味な色だったりするんです。

 

 

このように、新型C-HRはとても魅力的なSUV車です。

 

購入するときは、ハイブリッド車とガソリンターボ車の両方を試乗をしてから、自分にあったグレードを選んでくださいね。

 

走りの質ならターボ、燃費ならハイブリッドです。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー