新車の購入時ににかかる諸費用をカット&値引き。数万円はお得に

目安時間:約 8分

新車は高額なので、少しでも安く買いたいですよね。

 

すると、多くの人は、車両本体値引きやオプション値引きの交渉に力を入れますが、実は、見積書の中にはカットすることができる諸費用があるんです。

 

なので、『カットできる諸費用』についてお話ししますね。

 

ちなみに、諸費用カットの交渉は、交渉の最終段階で行ってくださいね。この理由もお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

新車購入時にカットできるう諸費用はこれ

新車を購入するときは、検査登録手続代行費用(ナンバープレートをもらうために、登録などを行ってもらう費用)や自動車リサイクル料金など、さまざまな諸費用がかかります。

 

これら諸費用は、軽自動車でも数十万円、高級車になると100万円を超えることもあります。

 

なので、お得にするために、カットできる諸費用はカットしていきましょう。

 

契約直前に申し出れば、数万円分はカットすることができますよ。

 

 

カットできる諸費用はこれです。

 

・車庫証明手続き代行費用

・下取り査定料

・納車費用

・下取り車手続き代行費用

 

それぞれ詳しくお話ししますね。

 

 

車庫証明手続き代行費用 ≪カットできる諸費用その1≫

車を公道で走れるようにするためには、さまざまな書類の提出が必要で、その一つが“車庫証明書”です。

 

この車庫証明を取得するためには、警察署に行って手続きをする必要があります。

 

この手続きをディーラーなどの営業マンに代行してもらう費用が『車庫証明手続き代行費用』です。

 

印紙代などはかかってしまいますが、自分で行うことで約11,500円~20,000円も節約することができますよ。

 

 

車庫証明書の取得は、一見難しく感じますが、実は意外と簡単です。

 

また、分からなくなっても、警察署の職員さんに聞けば丁寧に教えてくれますよ。

 

 

下取り査定料 ≪カットできる諸費用その2≫

新車を購入する時、今乗っている車はディーラーに下取りに出したり、買取店に売却したりしますよね。

 

このとき、ディーラーなどで下取り車の査定を受けると発生するのが『下取り査定料』です。

 

買取店での査定は、基本的に無料でやってくれます。けれど、ディーラーなどの販売店での査定の場合は、約5,000円~8,000円くらいかかってしまいます。

 

 

ただ、新車の商談に行ったとき、多くの場合、ディーラーの営業マン側から「下取り車の査定をしましょうか?」と申し出てきます。

 

それなのに、下取り査定料を徴収しようとしてきます。

 

なので、この点を指摘してカットしてもらいましょう

 

また、下取り査定を営業マンから申し出てこない場合でも、交渉することでカットしてもらうことができますよ。

 

 

納車費用 ≪カットできる諸費用その3≫

新車を自宅まで届けてもらう場合に発生するのが『納車費用』です。

 

約7,000円~10,000円程度ですが、ディーラーに取りに行けばもちろんタダになります。

 

ディーラーでの納車にして、納車費用をカットしましょう。

 

 

ちなみに、かつては、お客さんの自宅まで新車を運んでいるときに、営業マンが事故をしてしまうことがありました。

 

なので、新車を自宅まで運ぶときの事故防止として、最近は、ディーラーでの納車が一般的なんですよ。

 

 

ときどき、営業マンの中には、てきとうな理由をつけて納車費用のカットを拒んでくる場合があります。

 

けれど、自動車販売協会連合会(自販連)では、

お客様が自ら車庫証明手続を行ったり、販売店の店頭で車の引き渡しを受けた場合には、それらに該当する車庫証明手続代行費用や納車費用は不要となります。

(引用元:自動車販売協会連合会)

と発表しているので、自分でディーラーに取りに行く場合は、必ずカットしてもらってくださいね。

 

 

下取り車手続き代行費用 ≪カットできる諸費用その4≫

下取り車がある場合、下取りした後に名義変更などをする必要があります。

 

この手続きを、ディーラーの営業マンに代行してもらうときにかかる費用が『下取り車手続き代行費用』です。

 

だいたい5,000円くらいです。

 

 

ただし、『下取り車手続き代行費用』は、“道路運送車両法”で買い手側が手続きを行うこと、費用を負担することが決まっています。

 

そのため、下取り車の売り手であるお客側は、この費用を払う必要がないんです。

 

なので、しっかりカットしてもらってくださいね。

 

 

ただし、ローンで車を購入すると、車の名義がローン会社になっている場合があります。

 

この場合、名義変更をするとなると、ローン会社から書類を取り寄せたり、所有権解除の手続きをしなくてはならず、大変な手間がかかります。

 

なので、所有者の名義がローン会社の場合は、下取り車手続き代行費用を払うのは妥当です。

 

 

このように、諸費用の中には、カットできるものがたくさんあります。

 

少しでも新車の購入資金を節約するために、カットできるものはカットしていきましょう。

 

 

ちなみに、諸費用のカットは、全ての値引き交渉が終わった最終段階で切り出してくださいね。

 

早い段階で切り出してしまうと、値引きが小さくなってしまうことがあるので注意です。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー