自転車の酒酔い運転で免停に!?愛知県でスタート

目安時間:約 4分

2015年6月1日に改正道路交通法が施行され、自転車の取り締まりが厳しくなりました。

 

そのようななか、愛知県で、“自転車で”酒酔い運転すると、運転免許が停止処分(免停)になるようになったんです。

 

自転車の飲酒運転で免停に』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、自転車で傘さし運転をした状態で事故をすると、通常よりも過失が高くなる可能性がありますよ。

車と自転車が事故をした場合、過失割合は自動車側が高くなる?

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

最長で半年間も免停になる場合も

今年(2015年)6月から自転車の取り締まりが厳しくなったのにあわせ、愛知県警は、車の運転免許証を持っている人が自転車で酒酔い運転をしたら、免許停止処分になるようにしました。

 

ですが、実はこの「自転車で酒酔い運転をしたら免停」は、今回急に決まったものではなく、もともと以下のように道交法で決まっていたことなんです。

 

「免許を受けた者が自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるときは、6月を超えない範囲内で期間を定めて免許の効力を停止することができる」

 

なので、新たに規定を設けたのではなく、運転免許保有者による「自転車での酒酔い運転の検挙」や「酒気帯び他状態での自転車での交通事故」が増えていたため、6月の厳罰化にあわせて免許停止(免停)とするようにしたんです。

 

もし、自転車の酒酔い運転で免停となった場合、免停期間は、

事案の重大性や行為の危険性などを総合的に判断することとしています。また免許の効力停止期間は、30から180日間の範囲で行うこととしています。

(引用元:ベストカー)

という具合で決まります。

 

 

では、自転車で酒酔い運転を行った場合、摘発の対象となりますが、免停と摘発は同時に適応されるのでしょうか?(摘発:悪事などをあばいて世間に発表すること)

 

(免停は)違反行為の危険性や重大性などを総合的に判断して、自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるときに、免許の効力を停止する行政処分です。

 

この処分は将来における道路交通上の危険を防止するという行政目的のために行うもので、違反行為に対する制裁として行われる刑事処分とは性質が異なり、それぞれ独立した処分であるため、個々の違反ごとに異なるものと考えております。

(引用元:ベストカー)

 

 

このように、愛知県では、自転車の酒酔い運転は免停となる可能性があります。

 

きっと、今後、愛知県以外にも、自転車の酒酔い運転は免停とする都道府県は増えてくると思うので、お酒を飲んだ後は、車や自転車をの運転は行わないようにしてくださいね。

 

自分と周りの人の安全のために、ぜひ守ってくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー