新車購入時の諸費用とは?エコカー減税、グリーン化特例とは?

目安時間:約 8分

新車を購入するとき、営業マンと商談を行ない見積書を作成してもらいます。

 

見積書には、車両本体価格やオプション価格以外に「諸費用」という言葉がでてきます。

 

この諸費用とは、具体的にどんなものでしょうか?

 

そこで、『新車購入時の諸費用』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

諸経費は、車両重量や排気量で変わるので注意

通常、商品(食品や家電など)は税込本体価格だけで購入できますよね。

 

しかし、新車を購入するときは、自動車本体価格とオプション価格以外に、「諸費用」が必要なんです。

 

 

諸経費は、どこの販売店で購入しても必ずかかってくる費用で、法律などで定められた制度的な「法定費用」と、販売会社が受け取る「法定外費用」に分類されます。

 

【法定費用】

●自動車取得税

車を購入したときのみ支払う都道府県税です。

 

乗用車(3・5・7ナンバー)の税率は、取得価格(税抜き本体価格の90%)の3%で、軽自動車は2%と決められています。

 

なお、取得価格が50万円以下の場合は、取得税はかかりません。

 

 

●自動車重量税

車の車両重量に応じて課税される国税です。

 

新車を購入したときに、次の車検までの3年間分を前払いします。

 

 

●自動車税

排気量によって課税される都道府県税です。

 

納税は毎年4月ですが、年度の途中で購入したときは、月割りで残りを支払います。

 

たとえば、12月に購入した場合は、残りの3ヵ月分を支払うことになります。

 

軽自動車は、定額なのでいつの月に購入しても10800円を支払います。

 

 

●自賠責保険

いわゆる強制保険で、新車購入時と車検ごとに加入する必要があります。

 

 

●その他

・印紙代 検査登録に必要

・収入証紙代 車庫証明の交付を受ける際に必要

・リサイクリ費用 車を廃車するときに必要な費用ですが前払いになっている

 

 

【法定外費用】

販売店が行うサービスに支払われる費用のことです。

 

 

●検査登録手続き代行費用

購入した車を自分名義にするための登録を、販売店に代行してもらうための費用です。

 

もともと購入者が行うことになっていますが、自分で行うのは難しいため新車販売店にお願いをします。

 

 

●車庫証明手続き代行費用

登録時に必要な車の保管場所の証明申請を代行してもらう費用です

 

車庫証明書は検査登録と違って、手続きが難しくないので自分で取ることもできます。

 

 

●納車費用

納車を自宅でお願いする場合に、新車販売店から自宅まで車を届けてもらうための費用です。

 

新車販売店で納車をすればカットできる費用です。

 

 

●下取車手続代行費用

名義を販売店に変更するための手続き費用です。

 

 

ちなみに、法定費用は消費税の課税対象外ですが、法定外費用は消費税がかかります。

 

諸費用は、購入する車種によっても金額は違いますが、車両本体価格の20%くらいが目安ですよ。

 

 

エコカー減税ってなに?

エコカー減税とは、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能に優れた車に対する税金の優遇制度です。

 

対象となる新車は、「自動車重量税」「自動車取得税」の税負担が軽減されます。

 

また、自動車税が軽減される、グリーン化特例もあります。

 

 

エコカー減税は、新車を購入するときの税金を軽減するものですが、2015年度/2020年度の燃費基準の達成度合いに応じて減税が行われます。

 

ちなみに、2020年度燃費基準+30%達成すると、自動車取得税と自動車重量の両方が100%非課税になるため全額免税になるんですよ。

 

 

【例】

車両価格(税込)200万円、車両重量が1300kgの車にかかる税金

 

・自動車取得税は、約5万円

・自動車重量税(3年分)は、3万6900円

 

 

2015年度燃費基準+5%達成車

 

・自動車取得税は、約5万円

・自動車重量税(3年分)で、2万2500円

 

 

2020年度燃費基準+20%達成車

 

・自動車取得税は、約2万円

・自動車重量税(3年分)は、5600円

 

非達成車の3分の1以下の税額になります。

 

 

2020年度燃費基準+30を達成車すると、自動車所得税0円、自動車重量税0円で、納める必要がないんですよ。

 

 

グリーン化特例で、3年後の重量税もタダになることがある

自動車税と軽自動車税のグリーン化特例は、新車購入の翌年度に適用されるものです。

 

 

2020年度燃費基準+30%なら、自動車税は75%減税され、軽自動車税は50%減税されます。

 

2020年度燃費基準+20%(または10%)の場合は、自動車税50%、軽自動車税25%の減税となります。

 

 

そのため、1.6~2L車の自動車税は年額3万9500円ですが、2020年度燃費基準+30%を達成すれば、自動車税は1万円で済むんです。

 

また、2020年度燃費基準+40%を達成する車種は、購入時の自動車取得税と自動車重量税がかからない上に、3年後の車検時の自動車重量税も免除になるんですよ。

 

 

ちなみに、電気自動車は、燃費値などにかかわらず、自動車取得税と自動車重量税が全額免除されます。(電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、グリーンエネルギー自動車が対象)

 

さらに、国から補助金を受けることができるため、かなりお得なんですよ。

 

 

このように、新車の購入にはいろいろな経費がかかります。

 

購入時の予算だけでなく、購入後の維持費も考えて車選びをしてください。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー