車を買う&維持するのにいくらかかる?実際に計算してみました

車は、何十万円、何百万円もする高価な買い物です。

 

また、維持するためにも、年間で何十万円もかかります。

 

 

車は便利な乗り物ですが、初めて買う人や、あまり車に詳しくない人は、買うのにいくらかかるのか想像がつきませんよね。

 

そこで、『車を買うとき、いくらくらいかかるの?』についてお話ししますね。

 

あわせて『車の維持費』についてもお話ししますね。

 

記事の最後には、車を安く購入する方法も紹介しますので、最後までぜひお読みください。

 

 

電話が来るのは1社だけ。オークション形式車買取査定サービス
  • かんたんな方法で愛車を高く売りたい
  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 安心な方法で愛車を売りたい

 

車買取一括査定のデメリットを解決した車査定サービスで、あなたの悩みを解決できます。

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

新車・中古車を買うとき、いくらかかる? どのくらいの金額が必要?

新車を購入するときは、車両本体価格のほかにも、さまざまな諸費用がかかってきます。

 

大雑把にいうと、車両本体価格の10~20%が諸費用としてかかるといわれています。

 

そこに、任意保険料や駐車場代などもかかってきます。

 

 

新車を購入するときは、

 

「車両本体価格+オプション代+諸費用(約20%)+任意保険料など」

 

と覚えておくと分かりやすいですよ。

 

 

販売価格

販売価格の中には、以下のものが発生します。

 

車両本体価格

車を買うときの基本的となる価格です。

 

消費税込みの価格で表示されることが多いです。

 

 

ちなみに、「車両本体価格」は、ディーラーが表示するときの価格となっています。

 

自動車メーカーの公式サイトに書かれている価格は、「メーカー希望小売価格」です。

 

なので、車を購入するときは、ディーラーの営業マンと交渉をして、値引きしてもらうことが可能です。

 

オプション

車を購入するときは、いろいろなオプションをつけますよね。

 

最近は、フロアマットやサイドバイザー(雨除け)などもオプションとなっていることも多いです。

 

あれもこれもとつけていくと、びっくりするくらいの価格になることがあるので気を付けてくださいね。

 

 

オプションには、「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」の2つがあります。

 

メーカーオプション」は、自動車メーカーの生産ラインでしか付けることができないので、後付けすることはできません。(車を買うときにしかつけることができない。サンルーフなど)

 

ディーラーオプション」は、自動車ディーラーでつけるオプションなので、後付けすることも可能です。

 

 

ちなみに、車を買う時にかかる「取得税」は、「車の価格+オプション価格」にかかってきます。

 

なので、車をかうときにオプションをいっぱいつけると、取得税も高くなってしまいます。

 

 

取得税を安くしたいなら、車を買ったあと、後日ディーラーオプションを付けると節約できます。

 

※メーカーオプションは、取得税がかかってきます。

 

ディーラーオプションは、取得税がかかるものとかからないものがあるので、商談のときに営業マンに確認してください。

消費税

車にも消費税はかかってきます。

 

「車両本体価格」に最初から入って表示されていることが多いです。

 

 

リサイクル法関連費用(リサイクル料金)

リサイクル法関連費用として、「リサイクル料金」を支払うことになります。

 

リサイクル料金の内訳としては、

1.シュレッダーダスト料金
2.エアバック類料金
3.フロン類料金
4.情報管理料金
5.資金管理料金

 

となっています。

 

車種によって変わってきますが、おおよそ1万円~2万円程度かかります。

 

 

税金・保険

車には、多くの税金がかかってきます。

 

車にかかる税金は、大きく分けて、「自動車税」「取得税」「重量税」「消費税」の4つがあります。

 

 

また、「強制保険」ともよばれる「自賠責保険」にも入る必要があります。

 

自動車税(軽自動車税)

毎年4月1日に車を持っている人(車検証の所有者)にかかってくる税金で、4月から翌年の3月までの1年分払う必要があります。

 

新車(軽自動車以外)を購入するときは、月割りで残りの分を払います。

 

 

軽自動車は、月割りがないので、4月2日以降に購入した場合は、その年は払う必要はありません。

 

 

自動車税は、グリーン化特例対象車には、割引があります。

 

自動車取得税

取得税は、車の購入時にかかってくる税金です。

 

50万円以上の車を購入するとかかってきます。

 

税率は、(2014年4月1日からは)自家用自動車が3%、営業用自動車と軽自動車は2%となっています。

 

消費税が10%になったときは、自動車取得税は廃止されることになっています。

 

 

取得税は、実際の車の価格ではなく、

 

・新車は、「車両本体価格×0.9」が基準額となる

・中古車は、1年落ちの場合で「車両価格×0.681(残価率)」をかけた価格が基準額となる(半年ごとに残価率が下がっていく)

 

という計算から、税額が決まります。

 

 

取得税は、エコカー減税対象車は割引があります。

 

自動車重量税

新車を購入するときと、継続車検を受けるとき(初回は3年目、以降2年ごと)に発生する税金です。

 

車の重さ(車両重量)によって税額が変わり、重くなるごとに高くなっていきます。

 

 

重量税は、エコカー減税対象車は割引があります。

 

自賠責保険

自動車に乗るためには、必ず入ることになる保険が、「自賠責保険」です。

 

絶対に入らなくてはいけないので、「強制保険」とも呼ばれます。

 

 

車を購入するときと、継続車検を受けるときに発生します。

 

金額は、定期定期見直しが行われています。

 

 

ちなみに、本州と北海道、沖縄でも金額が変わってきます。

 

 

諸費用(課税)

諸費用にもいろいろなものがあり、自分で行っても必ずかかってくるものと、節約できるものがあります。

 

ちなみに、諸費用でも、ディーラーの営業マンが代行するサービスには、消費税がかかってきます。

 

検査登録(届け出)手続代行費用

車を購入するときは、陸運局に登録してナンバープレートの申請をする必要があります。

 

これをディーラーの人にやってもらう場合の代行費用です。

 

新車を購入するときなら、自分で申請することで代行費用を節約することができます。

 

 

けれど、中古車を購入する場合は、自分で行うことはできません。

 

その理由は、中古車を購入する場合、名義変更をする必要なのですが、そのときに前の所有者の印鑑証明書などが必要となるからです。

 

個人情報&重要書類なので、渡してもらうことができないため、車屋に代行してもらうしかないんです。

 

車庫証明手続代行費用

購入する車を保管する場所を証明するための書類です。

 

「車庫証明手続代行費用」は、この書類をディーラーの営業マンに取得してもらう場合に、必要となる費用です。

 

 

車庫証明は、自分でも簡単に取得できるので、購入費用を節約したい人は自分で取得するといいですよ。

 

※車庫証明はかんたんにとることができます

↓↓↓

車庫証明書の取得方法。自分で行って諸費用を節約

 

納車費用

納車するときに、自宅まで車を持ってきてもらうときに発生する費用です。

 

今の時代、基本的に納車はディーラーで行うので、基本的に「納車費用」はカットしてもらうことができます。

 

希望ナンバー手数料

ナンバープレートを自分の好きな番号に指定するときに発生する手数料です。

 

ナンバープレートの番号は何でもいいなら、希望ナンバー手数料は発生しません。

 

 

諸費用(非課税)

車を登録するときなどに収入証紙などを貼る必要があります。

 

そのとき、絶対にかかってしまう費用です。

 

登録手続き法定費用

名義変更をするときに、陸運局で発生する収入証紙の費用です。

 

車庫証明手続法定費用

車庫証明書を申請するときに発生する収入証紙の費用です。

 

地区によって数百円くらい違います。

 

下取登録手続法定費用

下取り車を引き取ってもらうと、名義変更が必要となります。

 

このとき、陸運局で発生する収入証紙の費用です。

 

 

このように、新車や中古車を買う時は、車両本体の価格以外にも、これだけの費用が発生します。

 

上でもお話ししましたが、大雑把にいうと、車両本体価格の10~20%が諸費用として発生します。

 

 

アクア(トヨタ)の新車を買うと、いくらかかるか見てみよう!

上でお話しした通り、車を買う時ときは、車両本体価格以外にもいろいろな諸費用がかかってきます。

 

では、実際に、どのくらいかかるか見てみましょう。

 

トヨタ・アクア Sグレードを新車で購入した場合

アクアといえば、トヨタの人気コンパクトカーです。

 

燃費は、日本車の中でトップクラスで、かつては燃費No.1&4年連続で年間販売台数No.1(2012年~15年まで)だったこともありました。

 

このアクアの人気グレード「S」の新車を購入したときにかかる料金を見てみましょう。

 

ちなみに、オプションは、エアバッグやドライブレコーダー、カーナビなど、必要最小限としました。

 

 

●車両現金販売価格 ¥2,228,580

 

車両価格 ¥1,886,760
SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席) ¥43,200

スマートエントリーパッケージ ¥43,200
T-Connectナビ ¥156,600

ETC2.0ユニット・ビルトインタイプ(ナビ連動タイプ) ¥32,400

安心機能付きドライブレコーダー(別体型) ¥53,460

サイドバイザー(ベーシック) ¥12,960 小計 ¥255,420

 

●税金・諸費用計 ¥39,580

 

自動車税 ¥2,800

自動車取得税 ¥47,100(減税額 -¥47,100)

自動車重量税 ¥22,500(減税額 -¥22,500)

自賠責保険料 ¥36,780 小計

 

●販売諸費用(参考価格) ¥65,727

 

●リサイクル料金 ¥9,130

 

 

■アクアS 新車購入時にかかる総額(概算)

 

総額 ¥2,343,017

(消費税抜き ¥2,173,090)

 

 

このように、アクアSを新車で購入するとしたら、総額で約234万円かかってくることになります。

 

 

自動車メーカーの公式サイトで見積もりシミュレーションができるので、いくらくらいかかるか知りたい人は、ぜひやってみてくださいね。

 

 

N-BOX(Nボックス)をの新車を買うときは、いくらかかるか見てみよう!

次に、軽自動車の人気車種のホンダN-BOX(Nボックス)の新車をかうときにどのくらいかかるか見てみましょう。

 

 

Nボックスは、ホンダを代表する人気車種です。

 

軽自動車の販売台数ランキングで何度も1位を獲得しました。

 

2017年には、アクアやプリウスなどの人気車種を抜いて、全車種の販売台数ランキングで1位を獲得しました。

 

 

このNボックスの人気グレード「G・Lホンダセンシング」の新車を購入したときにかかる料金を見てみましょう。

 

ちなみに、オプションは、エアバッグやドライブレコーダー、カーナビなど、必要最小限としました。

 

 

●車種名:N-BOX

 

●グレード

 

グレード:G・L Honda SENSING
エンジン:0.66L DOHC(S07B)
駆動:FF
ミッション:CVT

 

●メーカーオプション

 

Honda SENSING
ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
フルLEDヘッドライト(プロジェクタータイプ)
チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート
360°スーパーUV・IRカットパッケージ
フルオート・エアコンディショナー
リア左側パワースライドドア
リア右側パワースライドドア
前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)

 

●ディーラーオプション

 

フロアカーペットマット デザインタイプ/FR・RRセット ベンチシート用
ドアバイザー フロント・リア用左右4枚セット
ドラレコあんしんPKG VXU-185NBi+ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ) ナビスペ用
ナビ取付アタッチメント 【ナビスペはUSBジャックが同梱されています】
ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ/アンテナ分離型)
ETC2.0車載器 取付アタッチメント 取付位置:ドライバーロアカバー部

 

●メーカー希望小売価格(消費税込み)

 

車両本体:1,628,640円
ディーラーオプション:334,670円
合計:1,963,310円

 

●諸費用

 

自動車税(3月登録の場合):0円
自動車取得税:16,200円
自動車重量税:3,700円
自賠責保険料(37ヶ月):35,610円
手続代行費用(参考価格 消費税込み):46,440円
預り法定費用:6,000円
リサイクル法関連費用:8,400円

合計:116,350円

 

 

■Nボックス G・Lホンダセンシング 新車購入時にかかる総額(概算)

 

総額 2,079,660円

 

 

このように、Nボックス G・Lホンダセンシングを新車で購入するとしたら、総額で約208万円かかってくることになります。

 

 

車の維持費は、いくらかかる?月々の平均

車は、購入するときはもちろん、維持するのにもお金がかかります。

 

では、月々、いくらくらいかかるのでしょうか?

 

 

アクア(トヨタ)とNボックス(ホンダ)で見てみましょう。

 

車を維持するのにかかるお金とは?

車を維持するためには、以下のようなお金が必要となります。

 

・ガソリン代

・自動車税

・任意保険代

・車検代(自賠責保険料、重量税、印紙代、検査料など)

・定期メンテナンス代(エンジンオイル交換など)

 

 

ここには入っていませんが、自宅に駐車場がない場合は、駐車場代もかかってきます。

 

維持費として、いろいろとお金が必要になることが分かりますね。

 

アクア(トヨタ)の月々の維持費

では、アクアを維持するためには、月々いくら維持費がかかるのでしょうか?

 

 

ガソリン価格を130円/円で計算すると、アクア(Sグレード)の

 

・年間の維持費は約190,000円

・1ヵ月当たりの維持費は約16,000円

 

くらいかかります。

 

【アクアS 1年間の維持費】

アクア
ガソリン代 (円)53,987
税金(自動車税)(円)34,500
任意保険(円)77,200
メンテナンス他(円)22,900
1年あたりの維持費(円)188,587
1ヶ月あたりの維持費(円)15,716

(年間走行距離は、10,000kmで計算しています)

(任意保険料は、車両保険ありで計算しています。)

 

※詳しい計算方法は、下記リンク先をご覧ください。

↓↓↓

アクアの維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

Nボックス(ホンダ)の月々の維持費

次に、Nボックスの月々の維持費を見てみましょう。

 

同じくガソリンの価格を130円/Lで計算すると、Nボックス(ノーマルエンジン)の維持費は、

 

・年間の維持費は約180,000円

・1ヵ月当たりの維持費は約15,000円

 

くらいかかります。

 

 

【Nボックス 1年間の維持費】

Nボックス2WD4WD
ガソリン代 (円)68,78373,116
税金(自動車税)(円)10,80010,800
任意保険(円)73,91073,910
メンテナンス他(円)18,80018,800
1年あたりの維持費(円)172,293176,626
1ヶ月あたりの維持費(円)14,35814,719

(年間走行距離は、10,000kmで計算しています)

(任意保険料は、車両保険ありで計算しています。)

 

※詳しい計算方法は、下記リンク先をご覧ください。

↓↓↓

Nボックスの維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

コンパクトカーのアクアとそれほど変わらないことが分かりますね。

 

 

コンパクトカーのアクアと、軽自動車のNボックスで計算してみましたが、車のサイズや排気量が大きくなると維持費も高くなります。

 

ヴォクシーなどミニバンになると、年間で30万円くらいの維持費がかかるんですよ。

 

 

生涯で車にかかるお金

では、生涯で車にかかるお金は、どのくらいなのでしょうか?

 

仮に、20歳~70歳までの50年間乗るとします。

 

また、7年ごとに乗り換えて、乗り換えごとに250万円(下取りしてもらったのこりの価格)の車(コンパクトカー)を買うとします。

 

 

すると、車の購入代は

 

250万円×50年÷7=1785.7万円

 

もかかります。

 

 

さらに、年間の維持費が20万円かかり、車検代が8万円かかるとすると、

 

20万円×50年=1000万円(維持費)

8万円×2回(3年目、5年目)×7(乗り換え)=112万円(車検代)

 

もかかります。

 

 

合計すると、

 

2897.9万円(生涯車にかかるお金)

 

もかかることになるんです。

 

 

50年車に乗ると、なんと約3000万円もお金がかかることになるんです。

 

家が買えてしまいますね。

 

 

しかも、今回は、コンパクトカーで計算した場合なので、車のサイズが大きくなると、もっとお金がかかることになります。

 

生涯で考えると、車ってお金がかかることが分かりますね。

 

 

維持費の節約方法

車を持つと、お金がかかることが分かりました。

 

今のご時世、少しでも維持費を安くしたいと誰でも思いますよね。

 

維持費を安くしたいなら、

 

・ガソリン代を安くする

・任意保険代を安くする

・メンテナンス代を節約する

・車を乗り換える

・カーシェアなどにする

 

などの方法があります。

 

維持費を安くしたい人は、できることからやってみるといいですよ。

 

節約する詳しい方法は、下記リンク先を参考にしてください。

 

休みの日しか車に乗らない人の、車の調子の維持と維持費の節約方法

 

 

初めて買う人のオススメ車種は?

車は高い買い物なので、選ぶときは絶対に失敗したくないですよね。

 

とくに、初めて買う人は、失敗したくないけれど、何を買ったらいいか分からないですよね。

 

 

「初めての人にオススメの車種はこれです!」と言えればいいのですが、人によって好みや使用用途が違うのではっきり言うことはできません。

 

そこで、愛車を選ぶときの手順を紹介しますね。

 

この方法で選べば、きっと納得できる車を見つけることができますよ。

 

 

【あなたにあった車を選ぶ手順】

 

1.使用目的と予算」を明確にする

 

2.使用目的と予算にあったクラス(ミニバン、SUVなど)を決める

 

3.決めたクラスの中から、候補となる車を選ぶ

 

4.グレードを選ぶ

 

5.試乗をして本命車種を決める

 

 

この手順で新車を選べば、あとで後悔することなく、納得できる車選びができますよ。

 

愛車選びのポイント。5つの手順で後悔しない車選びを

 

 

乗り換える予定の人が、安く車を購入する方法

車を購入するときは、だれでも「安くお得に購入したい」と考えますよね。

 

車の商談といえば、「車両本体値引きの交渉」が注目されますが、実は、それだけではお得に購入することはできないんです。

 

というのも、車両本体値引きは、ディーラーの利益となる部分から値引きが行われるのですが、最近は、車の販売価格の中のディーラーの利益は小さくなっています。

 

小さい利益の中から値引きを出すことになるので、商談でどんなに粘っても大幅値引きを引き出すことは難しいです。

 

 

では、大幅値引きを引き出して、安くお得に購入するにはどうすればいいかというと、

 

・車両本体値引き

・オプション値引き

・下取り査定額の上乗せ(車を高く売る)

 

バランスよく交渉することが重要になってくるんです。

 

 

特に、「車を高く売る」ことは、安く車を買うためには大切になってきます。

 

値引きは上限がありますが、今乗っている車は時価なので、高く売ることは上限はありません。

 

高く売れば売るほど、安くお得に次の車を購入することができるんです。

 

愛車を高く売りたいなら、下取り査定だけじゃなく、「車買取一括査定」やユーカーパックなどの「新しい車買取査定サービス」を使うといいですよ。

 

 

また、最近の商談のポイントは、「短期集中」が肝となっています。

 

昔のような粘るほど大幅値引きが出るということはないんです。

 

車両本体値引きやオプション値引きを限界まで引き出すには、数回の商談で購入を決める「短期集中」で商談に臨んでくださいね。

 

 

車を安くお得に購入するポイントは、以下を参考にしてください。

 

その1

↓↓↓

新車購入時の商談の新常識。あらかじめ車種を絞り込むことが大切

 

その2

↓↓↓

下取り査定額の上乗せが新車をお得に購入するコツ。商談の新常識2

 

その3

↓↓↓

短期商談が好条件のコツ。ライバル車競合は時間のムダ。新車商談の新常識3

 

 

まとめ

車は、買うときも、維持するのにもたくさんのお金がかかります。

 

実際に数値で見てみると、ものすごい金額が掛かっていることがわかりましたね。

 

欲しい車をお得に買って、維持費をできるだけ節約しつつ、いつまでも大切に乗り続けてください。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。サービスは、すべて無料で利用できます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる業者を紹介してくれる、新しい車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

電話は1社からだけ査定も1回だけという、手間なく、かんたんに、楽に良い条件で車を売ることができます。査定の申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した、これまでにない新しい車査定サービスです。

 


車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ