車を手放す最良のタイミングや必要書類、節約できる維持費とは?

車は高い買い物なので、手放すときは勇気がいりますよね。

 

また、長い間乗っていると愛着もでてくるので、手放すときはさみしさもありますよね。

 

 

大切な車を手放すときは、最良のタイミングはあるのでしょうか?

 

また、手放すときは、大切に乗ってきたからこそ高く売りたいですよね。

 

そこで、『愛車を手放すときのタイミングや、高く売るポイント』などについてお話ししますね。

 

 

最大で65万円も高く売れることも
  • 愛車を高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 初めての人でも使いやすい車買取一括査定は?

 

シェア&人気No.1の車買取一括査定なら、あなたの車が高く売れます

⇒詳細はこちらをクリック

車を手放す人は、どんな理由がある?

車は、基本的に持っていたほうが便利ですし、運転も楽しいのでストレス解消になりますよね。

 

ですが、「どうしても手放さなくてはいけない…」というときがやってくることも。

 

車を手放す人は、どのような理由から手放すことにしたのでしょうか?

 

ヤフー知恵袋などに書かれていた車を手放す理由を紹介しますね。

 

 

【車を手放すことにした理由】

    • 家が欲しくてお金を貯めたいから、維持費がかかる車を手放したい
    • 維持費が高くて、生活が苦しい
    • 家族で出かけるためにミニバンを買ったが、子供が大きくなって大きな車は必要なくなった
    • 夫婦で各1台ずつ持っていたが、家計の見直しで1台にすることにした
    • 結婚(妊娠)を気に(妻が)仕事を辞めたので、1台にする
    • 燃費の良いクルマへ乗り換える
    • 乗っていた人が亡くなってしまった
    • 新しいクルマへの乗り換えのため
    • 車の使用頻度が少ないので
    • 乗らなくなった
    • 買ったけど、気に入らなかった


このように、大切な愛車を手放すことにした理由は、人それぞれです。

 

けれど、手放す人の多くが、

 

・愛着がわいているので…

・車がなくなるのは不安…

 

という考えを持っていました。

 

 

車を手放すメリットとデメリット

では、車を手放すことのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

メリット・デメリットを紹介しますね。

 

車を手放すメリット

車を手放すことで得られるメリットは、金銭的な部分が大きいです。

 

維持費が安いといわれるコンパクトカーでも、年間で約18万円くらいの維持費がかかります。(ガソリン代、任意保険代、税金、メンテナンス代込みで)

 

※アクアの維持費はいくら?

アクアの維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

 

ヴォクシーなどのミニバンだと、年間で約30万円も維持費がかかってしまいます。

 

※(排気量や車両重量が)大きな車になるほど、維持費がかかります。

ヴォクシーの維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

 

車は、ローンやガソリン代、税金、保険料、駐車場代など、維持費がかなりかかるので、手放すことでお金はかなり節約することができます。

 

 

【車を手放すメリット】

    • 維持費を節約できる
    • 歩くことが増えるので、健康になる
    • 公共交通機関やタクシーの利用なら運転しないので、お酒を飲むことができる
    • 公共交通機関やタクシーの利用なら、読書など移動時間を有効活用できる
    • カーシェアが近くにあれば、車がなくても問題はなにもない
    • 運転しないので、事故を起こす心配がなくなる
    • 出かける頻度が減るので、無駄な買い物をしなくなる

 

車を手放すデメリット

車を手放すデメリットは、大きな荷物を運ぶことができなかったり、緊急のときに足がなかったりすることです。

 

深夜は、タクシーを頼んでも断られてしまうことがありますし、バスや電車はもちろんありません。

 

特に田舎など、バスなど公共交通機関が発達してないところは、車がないと遠くまで行けないというデメリットは大きいですよね。

 

 

そして、車がなくなって初めて気づくのですが、徒歩や自転車での移動となると、雨の日や暑い日は、濡れてしまったり汗がたくさん出てきたりと大変です。

 

都会以外のところでは、車の重要性は大きいです。

 

 

車を手放すデメリットは、このようにたくさんあります。

 

 

【車を手放すデメリット】

    • 移動が大変(とくに、雨の日や暑い日)
    • 移動に時間がかかる
    • 大きな荷物や重たい荷物を運ぶのに苦労する
    • 急な外出のときに車がないのは不便
    • 公共機関が発達してないと、移動が不便
    • 近くにレンタカーやカーシェアがないと、移動手段がなくなる
    • しかも、レンタカーやタクシーは、深夜にやっていないところも多い
    • レンタカーは、傷をつけたときに修理費を負担しなくてはいけないので、気を使う
    • 長期連休などは、レンタカーを借りたくても借りれないことがある
    • パーソナル空間がなくなる
    • 運転好きな人には、なくなることでストレスになる

 

車を手放すことで維持費は、どのくらい安くなる?

上のメリットで書きましたが、車は、かなりの維持費がかかります。

 

なので、車を手放すと、維持費をかなり節約することができます。

 

 

たとえば、人気のデミオは、「維持費が安い」といわれるディーゼル仕様でも、年間約20万円の維持費がかかります。

 

【デミオ1500ccディーゼルターボ 1年間の維持費】

 

1500ccディーゼルターボ2WD4WD
ガソリン代 (円)64,93575,188
税金(自動車税)(円)34,50034,500
任意保険(円)77,20077,200
メンテナンス他(円)26,16026,160
1年あたりの維持費(円)202,795213,048
1ヶ月あたりの維持費(円)16,90017,754

(年間走行距離は、10,000kmで計算しています)

(任意保険料は、車両保険ありで計算しています。)

(引用元:デミオの維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

上の維持費の計算は、任意保険に「車両保険あり」で計算しているので、「車両保険なし」にすれば、約5万円維持費が安くなります。

 

一方で、上記の維持費には、駐車場代は含まれていないので、駐車場代を含めると、年間で約32万円の維持費がかかります。(駐車場代は月に1万円計算)

 

 

さらに、デミオディーゼルの車両を購入するためには、約200万円かかります(XDグレード)

 

3年ローンで返すとすると、(単純に36で割ると)月々55,000円の支払いがあります。(年間だと約66万円)

 

 

維持費+車両購入代を合わせると、1年間で約98万円もかかることになります。

 

 

 

次に、レンタカーでコンパクトカー(デミオ)を、週に1回、6時間借りたとすると、

 

・6時間で約7,700円

・1ヵ月で7,700×4回=30,800円

 

と、1ヵ月当たりで約40,000円かかることになります。

 

 

カーシェアで車を週に1回、6時間借りたは、

 

・12時間で約4,000円

・1ヵ月で4,000×4回=16,000円

 

と、1ヵ月で約30,000円ですみます。

 

【レンタカーとカーシェアを利用した場合の、1ヵ月あたりの料金】

 

週1回(6時間)週2回(6時間)
レンタカー30,800円61,600円
カーシェア16,000円32,000円

 

 

デミオディーゼル(2WD)の1年間の維持費は(駐車場代込みで)約98万円なので、レンタカーやカーシェアを利用すると、維持した場合と比べて、

 

【車を持たないことで、1年間で節約できる金額

週1回借りた場合週2回借りた場合
レンタカー610,400円240,800円
カーシェア788,000円596,000円

 

も節約できるんです。

 

 

しかも、上の維持費には、車検代は入っていません。

 

なので、実際にはもっと維持費を節約することができます。

 

 

このように、車を手放すと、かなりの金額を維持できることになるんです。

 

車を手放すか、維持するかの判断基準

車を手放すと、維持費などをかなり節約することができます。

 

手放すことでメリットもいいですが、デメリットも多いです。

 

とくに、公共交通機関が発達していないところだと、車を手放すことに躊躇しますよね。

 

 

では、車を手放すか、維持するかの判断基準は、どうすればいいのでしょうか?

 

判断基準は、「生活に必要かどうか?」、「嗜好品か?」で考えるといいです。

 

 

たとえば、

 

・バスや電車などがなく、マイカーでしか移動手段がない

・仕事や通勤で使っている

・家庭の事情で、車は必須

 

などのように、日常生活で必要ならば手放すということはできません

 

 

逆に、

 

・趣味で運転が好きだから

・バスや電車、カーシェア、レンタカーなどがあって、マイカーがなくても何とかなる

・週末ドライバーで、ほとんど車がなくても大丈夫

 

というぐあいに、車がなくても生活ができるなら、手放してもOKです。

 

 

生活で車が必要かどうかで、手放すかどうか判断すると決断しやすいですよ。

 

 

車を手放すにはどんな方法がある?

検討の結果、車を手放すと決めたら、どのような方法で手放すか決めなくてはいけません。

 

では、手放すには、どんな方法があるのでしょうか?

 

 

車を手放すには、大きく4つの方法があります。

 

1.廃車にする

車を手放す方法のひとつには、“廃車”があります。

 

廃車とは、登録を抹消(ナンバープレートの返却)して、車としての用途をやめさせることです。

 

 

廃車にも2種類あり、『永久抹消登録』と『一時抹消登録』があります。

 

永久抹消登録は基本的に「解体」が前提となりますが、一時抹消登録は「一時的に車の使用を停止する」ことなので、再登録すれば再び日本国内で走ることができます。

 

 

廃車にされた車は、

 

・解体されて、新しい資源としてリサイクル

・パーツに分解して、中古部品やリビルド部品として使われる

・中古車として流通(特に海外で)

・実験用として使用

・倉庫や集会所として利用(ワンボックスなど)

 

などになります。

 

2.友人や知人などに譲る

車を手放すときは、親せきや友人など、知人に譲るという方法もあります。

 

愛着のある車を解体するのは、少し寂しい気がしますが、知っている人が大切に乗ってくれるなら嬉しいですね。

 

 

知人に車を譲る時は、

 

・実印

・印鑑証明

・譲渡証明書

 

などを用意して、陸運局で手続きが必要になります。

 

譲る時は、あらかじめ手続きをしっかり調べてくださいね。

 

3.中古車販売店や車買取店に売る

中古車販売店や車買取店に売ることで、車を手放すという方法もあります。

 

「売ることができるのは、新しいクルマだけじゃないの?」

 

と思うかもしれませんが、10年10万km走った車(低年式車、過走行車)や、事故をした車(事故車)も売ることができます。

 

 

また、名義変更などもすべて車買取店側が行ってくれるので、売る側は、必要書類(車検証など)と車を渡して、お金を受け取るだけなのでかんたんです。

 

4.ディーラーに下取りに出す

今乗っている車を下取りに出して、別の車に乗り換えるという方法もあります。

 

基本的に下取り額は、車買取店に売却したときよりも少し安めになりますが、車を売ると車を買うを同時にできるのでかんたんです。

 

「大手自動車メーカーのディーラー」なので、トラブルも起きにくいです。

 

 

車を手放す方法には、以下のようなものがあります。

 

 

車を手放すときの手続きと必要書類

車を手放すときには、以下のものが必要になります。

 

登録車(普通車)と軽自動車では、多少変わってきますの気を付けてくださいね。

 

1.実印(軽自動車の人は普通の印鑑でOK)

車を購入するときに必要になるので、基本的には持っていることと思います。

 

なくしてしまった人は、市町村役場で「実印登録」をしておいてください。

 

委任状や譲渡証明書に 捺印する必要があります。

 

 

軽自動車を手放すときは、実印ではなくて、普通の印鑑でOKです。

 

2.印鑑証明書(軽自動車の人は不要)

印鑑証明書も必要になります。

 

売却する日から3ヵ月以内のものが必要です。

 

車買取店に売却して、新しいクルマを購入する予定なら、車買取店用とディーラーに渡す用の2枚を用意しておくとスムーズです。

 

 

軽自動車を手放すときは、印鑑証明書は不要です。

 

3.車検証(自動車検査証)

基本的に、常時車に入れておくことが義務付けられているので、車の中にあるはずです。

 

なくしてしまったのなら、運輸支局で再発行してもらうことができます。

 

4.自動車税の納税証明書

毎年、4月時点での車の所有者のところに、納税証明書が送付されてきて、5月末までに納税しなくてはいけない自動車税。

 

車を手放すときは、この自動車税の納税証明書(軽自動車は、軽自動車の納税証明書)が必要になります。

 

納税したら、車検証と一緒に保管しておくと、なくすリスクを減らせますよ。

 

納めていないと、車を手放すことはできません。

 

 

納税証明書をなくしてしまったら、各都道府県の税事務所で再発行してくれます。

 

5.自賠責保険証

車検のときに強制的に加入させられる自賠責保険(強制保険)。

 

この自賠責保険証も、車を手放すときに必要になります。

 

なくしてしまったなら、保険会社に連絡すれば、再発行してもらえます。

 

6.リサイクル券

2005年以降に車を購入したなら、基本的にリサイクル料金を払っています。

 

リサイクル料金の支払いを証明する「リサイクル券」も、手放すときに必要になります。

 

紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのサイトから、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば、リサイクル券の代わりになります。

 

7.住民票(一部の人)

車検証に書かれている人と、印鑑証明書に書かれている住所が違う場合に、住民票が必要となります。

 

引越ししたら、車検証と印鑑証明書の住所変更をしておくといいですよ。

 

8.委任状(軽自動車の人は不要)

基本的に売却先の車買取店やディーラーで用意してくれます。

 

実印を押す必要があります。

 

軽自動車の人は不要です。

 

9.譲渡証明書(軽自動車の人は不要)

譲渡証明書も、基本的に売却先の車買取店やディーラーで用意してくれます。

 

書類に実印を押す必要があります。

 

軽自動車の人は不要です。

 

10.自動車検査証記入申請書(普通車の人は不要)

自動車検査証記入証明書も、基本的に売却先の車買取店やディーラーで用意してくれます。

 

普通車の人は、不要です。

 

 

車を手放すときは、このような書類などが必要になります。

 

 

ローンが残っていても、車を手放すことはできる?

結論からいえば、ローンが残っていても、車を手放すことは可能です。

 

 

ローンが残っている場合は、まずは、「車検証の所有権」が誰になっているか確認してください。

 

所有権が、ローン会社やディーラーなどになっていた場合は、あなたの独断だけでは手放すことはできません。

 

ローンを完済して、所有権をあなたにする必要があります。

 

 

ただし、車買取店に買取りしてもらえば、ローンが残っていても車を手放すことができます。

 

車買取店に売却すれば、買取りしてもらった金額から、ローンの残りを一括返済することができるんです。

 

 

買取額>ローン」となったならば、余った金額は、あなたのところに戻ってきます。

 

買取額<ローン」となったら、足りない分は、現金で払うか、あらたに(車買取店で)ローンを組直すことができます。

 

 

このように、ローンが残っていても、基本的には車を手放すことはできます。

 

車を手放すことにしたら、任意保険の中断手続きを

任意保険は、1年ごとに等級が上がっていって、上がるごとに保険料が安くなっていきます。

 

車を手放すことで任意保険は必要なくなります。

 

けれど、せっかく等級が上がったのに、数年後にまた乗るとなった時に1から等級を上げていくのは嫌ですよね。

 

 

「車を手放すことにしたけど、もしかしたら、また数年後に乗るかも…」

 

という人に便利なのが、任意保険の『中断手続き』です。

 

 

車を手放す(廃車にするときなど)と決まったなら、任意保険の保険会社に連絡すれば、『中断証明書』を発行してもらうことができます。

 

中断手続きをすれば、等級を最大10年間据え置きしてもらうことができます。

 

手放した後の10年以内なら、もう一度、車に乗る時は、今の等級からスタートすることができますよ。

 

 

車を手放す最良のタイミング

車を手放すときの最良のタイミングは、

 

・車検の前

・自動車税を払う前(3月末まで)

・車が高く売れるとき

 

の3つです。

 

車検の前

車検は、新車を購入して3年目、その後は2年ごとにやってきます。(3年目、5年目、7年目、9年目…)

 

車検は、軽自動車でも5万円以上、普通車になれば、10万円以上かかることもあります。

 

 

「車を手放すかも…」

 

と考えているのに、こんなにも高額なお金を払うのは嫌ですよね。

 

 

車検が来るタイミングで、手放すかどうか考えるのはひとつのタイミングです。

 

自動車税を払う前(3月末まで)

4月1日時点での車検証の所有者は、自動車税を払う必要があります。

 

 

自動車税は、排気量ごとに税額が決まっていて、

 

・軽自動車で10,800円

・1.0~1.5L以下で34,500円

・1.5~2.0L以下で39,500円

・2.0~2.5L以下で45,000円

 

と排気量が大きくなるにつれて高額になっていきます。

 

 

どうせ車を手放すなら、自動車税の納税通知書が来る前に手放すのも良いタイミングです。

 

 

3月末ギリギリだと、手続きが3月中に終わらなくて、車はないのにあなたが自動車税を払う羽目に…なんてことになる場合があります。

 

少し余裕をもって3月31日までには、確実に手続きを終わらせるようにしてくださいね。

 

車が高く売れるとき

車が高く売れるタイミングも、手放す良いタイミングです。

 

どうせ手放すなら、高く買取りしてもらいたいですもんね。

 

 

車が高く売れるのは、9~10月と、1~3月です。(とくに1~2月は高く売れる)

 

というのも、この時期は、車を買う人が多いからです。

 

 

特に3月は、新社会人や転職などで、車を買う人がかなり多くなります。

 

なので、3月に向かって、「在庫を増やしたい=高くても買い取りたい」という思いから、1~2月は査定額が高くなるんです。

 

 

車が高く売れる時期も、手放す良いタイミングです。

 

 

車を手放すことにしたなら、最も高い金額で売ろう

車を手放すことにしたら、最も高い金額で売りましょう。

 

今まで大切に乗ってきた車だからこそ、高く買取りしてもらいたいですもんね。

 

 

車を高く売る方法は、「あなたの車を欲しいと思ってくれる車屋に売ること」と、「競わせること」です。

 

 

車屋(車買取店)は、業者によって得意な車種、不得意な車種があります。

 

あなたの車が得意な車買取店は、買取りした後に高く売れる場所を確保しています。

 

なので、あなたの車を高く買取りしても、利益を確保することができるので、高額査定を出すことができます。

 

 

また、車買取店を競争させれば、自然と高額査定がでます。

 

 

車を高く売って手放したいなら、「あなたの車を欲しいと思ってくれる車屋に売ること」と「競わせること」がポイントです。

 

車買取一括査定を利用すれば、この2つのポイントをかんたんに満たして、高く売ることができますよ。

 

 

 

車を手放すことは、メリット、デメリットがあります。

 

手放すかどうかはしっかり検討して決めてくださいね。

 

手放すことになったら、1円でも高く売却してくださいね。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

かんたん車査定ガイド

シェアは38%で業界No.1。安心の車買取一括査定サイト!

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・最大で査定を受けれる車買取店の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけ東証一部上場企業のグループ会社が運営しているので、安心して使える車買取一括査定です。業界No.1の車買取一括査定で、シェアは全体の38%。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 
ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。

 
ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:4点

・最大で査定を受けれる車買取店の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、ズバットシリーズで有名なウェブクルーが運営する車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

 
車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー