マツダがミニバンから撤退するってホント?「正式に発表したものではありません」

目安時間:約 5分

2月29日の産経新聞で「マツダがミニバン市場から撤退へ」という記事が出ました。

 

この記事によると、マツダはミニバンの生産・開発から撤退して、SUVなどの生産に力をいれるそうです。

 

ですが、この記事の内容は本当なのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、マツダに聞いていましたので、結果を紹介しますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

マツダは、ミニバンよりもSUVの販売台数の方が多い

現在、マツダが販売しているミニバンは、プレマシー、ビアンテ、MPVの3車種があり、2015年の年間販売台数は、以下のようになっていて、3車種合わせても1万570台しかありません。

 

・プレマシー:6978台

・MPV:429台

・ビアンテ:3163台

 

これは5年前の4分の1程度しかありません。

 

CX-3は2015年は年間で3万20台、CX-5は2万7243台を販売しているので、これと比べるとかなり少ないのが分かります。

 

 

ミニバン撤退は、マツダが正式に発表したものではない

産経新聞の記事によると、

 

 マツダがミニバンの生産・開発から平成29年にも撤退する方向で検討していることが29日、分かった。世界的に人気が高まっているスポーツ用多目的車(SUV)などへの注力に向けミニバンの生産能力を振り向ける。北米や中国で成長するSUV市場に経営資源を集めて業績拡大を目指す。
(引用元:産経新聞)

 

と、平成29年までに日産自動車にOEM供給しているプレマシーをはじめ、ミニバン全車種の生産を中止し、次期モデルの開発も行わないそうなんです。

 

そして、ミニバンを生産する宇品工場(広島市)の生産能力は、北米向けのSUV「CX-9」などの新型車に向けるんだとか。

 

実際、すでにMPVの生産は終了していて、在庫販売のみとなっています。そして、2月11日から、これまでMPVを生産していた宇品工場では、CX-9の生産を開始しているんです。

 

 

では、実際のところ、マツダのミニバン撤退は、事実なのでしょうか?

 

マツダに調査したところ…。

 

当のマツダに話を聞くと、「弊社として正式にコメントをしたものではなく、現段階ではなんともいえません。産経さんがどのような取材をされ、記事にされたのかもわかりません」(広報部)という回答。

(引用元:ベストカー)

 

産経新聞の記事は、マツダが正式に発表したものではないんです。

 

けれど、ロサンゼルスショーでマツダ関係者は、以下のようにも述べています。

 

あるマツダ関係者はロサンゼルスショーで公開されたCX-9の国内導入の可能性について「日本のミニバンはグローバル展開が難しく、日本市場に特化させた商品開発をする必要がある。現在のマツダの商品展開では、基本的にグローバルでの販売台数を考えていく。そうなれば、ミニバンよりもグローバルで販売が見込めるSUVに注力していくことになる。いっぽうで、3列シートのニーズが日本国内では大きいのは間違いない事実なので、そこは重視している」と言っていた。

(引用元:ベストカー)

 

つまり、現在のミニバンに変えて、3列シートのSUV(=CX-9)に力を入れていくことのようです。

 

正式にミニバン撤退を発表したわけではありませんが、やはりミニバンから撤退して、SUVに力を注いでいく可能性は高そうですね。

 

選べる車種が減ってしまうのは少し残念ですが、世界を意識したクルマ作りは今後、必須ですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー