ベンツがピックアップトラック市場に参入する理由とは?生き残るためには必須!?

目安時間:約 8分

日本では、ピックアップトラック(大型のSUVをトラックのようにした車)といってもあまり馴染みがない車ですよね。

 

しかし、大きくて力強い車が好きなユーザーには、根強く愛されている車です。

 

そして、このたび高級車で有名なメルセデスベンツが、ピックアップトラックの発売を決定しました。

 

2016年10月26日に、メルセデスベンツ初のピックアップトラック「X-クラス」の公開がスウェーデンで行われ、発売は2017年後半を予定しています。

 

おもな販売地域は、ヨーロッパ、南米、南アフリカ、オーストラリアで、日本での発売は未定です。

 

初めてピックアップトラックを発売することにしたメルセデスベンツですが、なぜ今になって発売することにしたのでしょうか?

 

その理由についてカー雑誌『ベストカー』が調査していましたので、結果を紹介しますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

メルセデスベンツ初のピックアップトラックは、日産NP300ナバラとプラットフォームを共有

スウェーデンで発表された、メルセデスベンツ初のピックアップトラックのモデルは、2タイプあります。

 

「パワフルアドベンチャー」と「スタイリッシュエクスプローラー」です。

 

 

「パワフルアドベンチャー」は、壊れにくさ、強さ、機能性、オフロードへの適性など、昔ながらのピックアップトラックの良さを表現したモデルになっています。

 

「スタイリッシュエクスプローラー」は、メルセデスベンツらしさを表現した、スタイリッシュで高級感あるデザインのモデルです。

 

これら2タイプのXクラスは、“ドライビングダイナミックス”と“快適性”を両立していて、メルセデスベンツの自信作なんです。

 

メルセデスベンツの意気込みが伝わる車になっています。

 

 

残念ながら、ボディサイズはまだ明らかになっていませんが、メルセデスベンツ初のピックアップトラックは、ルノーと日産とダイムラーの協力関係を生かして開発されています。

 

日産の新型ピックアップトラック「NP300ナバラ」とプラットフォームを共有していて、ミドルサイズのカテゴリーになります。

 

そして、設計とデザインは、ダイムラーが独自に行っているんです。

 

 

他のメーカーでも、ミドルサイズのピックアップトラックは各国で売れていて、おもなXモデルは次の4車種です。

 

●VWアマロック

2016年6月にマイナーチェンジをして、3L、V6エンジンを搭載しました。

 

インテリアも変更されています。

 

最高出力は224psです。

 

 

●ルノー・アラスカン

2.3L、直4ツインターボディーゼルを搭載しています。

 

最高出力は200psで、6速MTと7速ATがあります。

 

 

●フィアット・トロ

三菱トライトンのOEMモデルで、なかなか格好いいです。

 

南米向けのモデルで、2Lディーゼルです。

 

最高出力は170psです。

 

 

●プジョー・ホガール

プジョー207のファミリーで、数年前まで南米で発売されていました。

 

1.6Lエンジンで、最高出力は110psです。

 

 

メルセデスベンツは、VWのアマロックに、真剣に対抗するつもりで2017年後半に発売を予定しています。

 

おもな販売地域は、アルゼンチンなどの南米や南アフリカ、ヨーロッパです。

 

ヨーロッパやオーストラリアなど向けには、ルノーと日産の協力のもとで、バルセロナの日産工場で生産をします。

 

南米向けは、コランビアのルノー工場で2018年から生産することになっています。

 

Xクラスの特色&スペック

 

公開されたのは次の通り。
■V6ディーゼル
■4WD、2つのデフロック
■極限の泥地ではインターアクセルデフをロックさせることが可能
■電子制御式トラクションシステム
■1.1tの積載量
■3.5tの牽引力
(引用元:ベストカー)

 

 

メルセデスベンツがピックアップに参入した理由は生き残りのため?

高級ブランドのメルセデスは、なぜ今ピックアップトラック市場に初参入したのでしょうか?

 

欧州で、大ヒットしているピックアップトラックといえば、VW・アマロックです。

 

ボディ剛性が弱い、アメリカ産のピックアップトラックに満足できないユーザーの多くが、VW・アマロックを購入していると言いわれています。

 

この市場にメルセデスベンツも目を付けて、発売を考えたと推測できます。

 

 

また、ルノー・アラスカンやフィアット・トロなど欧州のミドルサイズのピックアップトラックは、南米やアジアなどで人気です。

 

このことも、メルセデスベンツが、ピックアップトラックを発売することに関係しているようです。

 

自動車評論家の鈴木直也さんも、新興国での市場に伸びしろがあるからと考えているようです。

 

 

「欧州向けといっているけれど、メイン市場はアルゼンチンなどの南米と、タイやインドネシアを中心とした東南アジアだと思う。いずれも新興国で市場に伸びしろがあるから。南米では今VWアマロックがヒットしているのでそれの対抗馬ですね」

 

――(中略)――

 

「昔はこんなにチマチマ、ラインアップを増やす姿勢の企業ではなかった。今は隙間があれば新規モデルを投入。フルラインアップのトヨタ的だよね。メルセデスベンツの哲学が変わったと同時に、そこまでしないと生き残れない時代になったということ。もうひとつ、欧州基準ではクルマのCO2の排出量は平均値130g/km以下が課せられていて、高級大型車を得意にしてきたベンツにはいわば逆風が吹く状態。それへの危機感もあり、小型~中型とまんべんなく出すということだろうね。」
(引用先:ベストカー)

 

欧州のピックアップトラックが世界的に需要があることや、これからも生き残っていくために、メルセデスベンツのピックアップ参入は必要なことなんです。

 

 

ピックアアップトラックは、世界で人気の高いジャンルの車です。

 

日本でも、メルセデスベンツのピックアップトラックが発売してくれたらいいですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー