日産車の3種類の自動ブレーキのメリット・デメリット

目安時間:約 6分

事故を減少させ、事故をしたときに被害を軽減することができる「自動ブレーキ」(エマージェンシーブレーキ)。

 

日産自動車は、この自動ブレーキを市販されている車種に続々と搭載しつつ、車種にあわせて自動ブレーキの種類を3つ用意しました。

 

そこで、日産が開発した3種類の自動ブレーキのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

日産車に搭載されている3種類の自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)

今のところ、完璧にぶつからない自動ブレーキは存在しません。

 

各自動車メーカーともCMなどで宣伝しているのは、衝突被害を減らす目的で開発され、特定の条件のみぶつからない領域を作ることができた“ぶつからないで済むかもしれない自動ブレーキ”です。

 

そのようななか、日産・スカイラインやフーガは、事前警告や危険を知らせる制御+自動ブレーキとぶつからないようにする仕組みが充実し、車に守られている感じを強く感じることができます。

 

そんなスカイラインやフーガなどを始め、日産車に搭載されている自動ブレーキは、

 

・ミリ波レーダー式

・カメラ式

・赤外線式

 

の3種類があります。

 

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

ミリ波レーダー式のメリット・デメリット|自動ブレーキの種類1

スカイラインやフーガに搭載されているタイプの自動ブレーキです。

 

ミリ波と呼ばれる帯域の波長の電波を前方に飛ばし、その反射波を測定して障害物の距離や方向を検知します。

 

ミリ波は、物を透過するという特性があるため、霧や雨のときなど視界が悪い悪天候でもしっかり前方を検知してくれます。

 

遠くまで見通せる(測定可能距離が長い)ので、5km/hから自動ブレーキが作動し始め、衝突回避の相対速度は60km/hと機能が高いです。

 

さらに、測定距離が長いことから、遠くの危険を事前にキャッチして、警告音や警告表示を出したり、アクセルペダルを戻す制御をしたりでき、優しいブレーキ制御ができるんです。

 

走行中、2台前の車をモニタリングして、危険を早めに察知するということもできるんですよ。(PFCW:前方衝突予測警報)

 

このように、高い安全性から、2014年度基準予防安全性能評価(JNCAP)で、満点の40点を獲得しています。

 

 

一方、ミリ波レーダー式のデメリットは、若干コストが高いことと、人は検知できないという点です。

 

 

カメラ式のメリット・デメリット|自動ブレーキの種類2

エクストレイルやノート、セレナ、ティアナなどに搭載されている自動ブレーキです。

 

カメラによる画像を分析して、障害物の距離や方向を検知します。

 

障害物を人の目と同じように形状から認識するので、人も検知できるというのが最大の魅力です。

 

画像で認識するため、ミリ波よりも検知できる距離が短くなってしまいますが、10~80km/hで自動ブレーキが作動し、歩行者や停止車両に関しては60km/hで機能します。

 

設計上は、相対速度が30km/hでも衝突回避が可能です。

 

そのため、ノートは、JNCAPでコンパクトハッチバッククラスで最高得点を獲得しているんですよ。

 

 

一方、デメリットとしては、人と同じように霧や雨の時など、画像が不鮮明な場面では機能が低下し、停止してしまうことがある点です。

 

 

赤外線式のメリット・デメリット|自動ブレーキの種類3

デイズやデイズルークス、NV100クリッパー リオなどに搭載されている自動ブレーキです。

 

赤外線を前方に飛ばし、その反射波を測定して障害物との距離や方向を検知します。

 

ミリ波式やカメラ式と比較して安価に搭載できるので、軽自動車などに搭載されています。

 

赤外線は近くのものを把握するのに優れているので、作動速度は5~30km/hで、相対速度が15km/h以下なら衝突回避確率が飛躍的に高くなります

 

相対速度が15km/h以下では意味がないように感じますが、事故の多くが30km/h以下なので、重要な安全装備なんですよ。

 

 

一方、デメリットとしては、カメラ式と同じように人を検知しない点と、悪天候になると機能が低下してしまう点です。

 

 

自動ブレーキには、このようなメリット・デメリットがあります。

 

安全性が高くなり事故が減ることはとっても良いことなので、今後もどんどん自動ブレーキを標準装備していってほしいですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー