注文車の納車で契約したのに、在庫車だったら受け取り拒否できる?

新車を購入するときは、営業マンと商談を行ないます。

 

しかし、営業マンとの交渉が上手くいかず、値引き額に納得のいかないまま契約してしまうことも少なくありません。

 

新車は高い買い物なので、ちゃんと納得してから購入したいですよね。

 

そこで、納得できずに購入することがないように、『新車を購入するときの商談トラブルや疑問』についてお話ししますね。

 

新車の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

電話が来るのは1社だけ。オークション形式車買取査定サービス
  • かんたんな方法で愛車を高く売りたい
  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 安心な方法で愛車を売りたい

 

車買取一括査定のデメリットを解決した車査定サービスで、あなたの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

注文車の納車が契約の条件だったのに、在庫車が納車されたら拒否できるの?

基本的に在庫車も注文車も同じ新車です。

 

なので、販売店が、在庫車を販売しても法的になんの問題もありません。

 

在庫車が納車されても、ユーザーは受け取り拒否はできないんです。

 

けれど、契約のときに「注文車の納車でおねがいします」と約束をしていれば、注文車を前提に契約をしているので、在庫車の受け取りを拒否することができます。(書面にしっかり注文車を納入すると書いてもらってくださいね)

 

 

場合によっては、「在庫車を販売しても法的に問題はないので、受け取り拒否されるなら損害賠償を請求します」などといってくることもあるかもしれません。

 

このような場合は、「損害賠償を支払うようなことはしていません」ときっぱり言い返せばOKです。

 

 

新車の販売店は、納車の遅延トラブルを防ぐために、人気車をあらかじめ注文して在庫を確保しています。

 

そのため、在庫車が納車されることは、よくあることなんです。

 

どうしても在庫車が嫌なときは、契約をする前に営業マンに交渉をしてください。

 

また、サンルーフなどのようなメーカーオプション(工場のラインでしか付けれないオプション。後付け不可)を注文したり、「シートのビニール袋は外さないでください」と頼んだりしておけば、在庫車が納車される可能性は低くなりますよ。

 

トラブルを防ぐためにも、心配なことや嫌なことは、契約をする前に営業マンにしっかり伝えることが大切です。

 

 

契約したら、すぐにモデルチェンジした。新型車の登場を営業マンは教えてないの?

新車の契約をしてしばらくしたら新型車が発売されて悔しい思いをした、という人は少なくありません。

 

契約前に伝えてくれればまだ検討することはできますが、契約後ではどうすることもできないのでかなり悔しいですよね。

 

 

実は、モデルチェンジなどの新型車の発売の情報は、自動車の業界団体の取り決め(事前公表制度)に「1ヵ月以内にモデルチェンジがある場合は、そのモデルを契約しようとしているユーザーには、これを告知すること」と決められています。

 

反対にいうと「1ヵ月以内でなければ告知しなくてもいい」ということになります。

 

しかも、新車のモデルチェンジの時期は、原則として販売店にも知らされないので、営業マンが正確な情報を知るのも1ヵ月前くらいなんです。

 

 

不確定な情報をお客様に伝えると、かえって混乱させる原因となるため、確実な情報となるまで営業マンは告知しないんです。

 

モデルチェンジなどの情報は、雑誌やネットのほうが早く出回るので、気になる人はカー雑誌なので自分で調べてくださいね。

 

 

「ご成約でナビプレゼント」は、額面通りに得していない

年度末商戦などの増販期には、「ナビプレゼント」や「5万円分の用品プレゼント」などのキャンペーンが行なわれます。

 

営業マンのなかには、「ナビは10万円相当なので、10万円の値引きになります」と、いかにも大幅に値引きをしているかのようにアピールすることがあります。

 

しかし、キャンペーン特典は誰でも受けることができるものなので、必ずしもお得とはいえないんです。

 

 

ナビプレゼントは、車両本体の値引きに換算すると、実質的には半分くらいの価値しかありません。

 

なので、「ナビ10万円相当プレゼント」でも、実質5万円くらいの値引きと同じなんです。

 

 

また、必要ではない用品などが含まれることもあります。

 

そのようなときは、「このサービスはいらないからもっと値引きしてほしい」と営業マンに交渉してください。

 

促進キャンペーンは値引きと考えず、商談で本当の値引きを獲得することがお得に購入するためには大切です。

 

 

トヨタのタンク・カスタムの20万円の値引き額はこれで限界?

タンクの本体価格の値引き額の目標は13万円くらいで、ディーラーオプションからは20%引きは可能です。

 

なので、タンクカスタムG-Tで、車両本体とディーラーオプション約38万円から、20万円の値引きの獲得は合格ラインの値引き額です。

 

 

タンクは、トヨタ・ルーミー、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティが兄弟車なので、ライバル競合させて値引きを引き出すことができます。

 

また、ネッツ店とトヨペット店でタンクは販売されているので、ネッツ店とトヨペット店で同士競合させることもできます。

 

同士競合は、値引き拡大にもっとも有効的なので、大幅値引が期待できます。

 

もうひと押し値引きを獲得したい場合は、他店との競合をするのがおすすめですよ。

 

 

このように、新車を購入には、気を付けなければならないことがいろいろあります。

 

購入してから後悔しないためにも注意してくださいね。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。サービスは、すべて無料で利用できます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる業者を紹介してくれる、新しい車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

電話は1社からだけ査定も1回だけという、手間なく、かんたんに、楽に良い条件で車を売ることができます。査定の申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した、これまでにない新しい車査定サービスです。

 


車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ