N-ONEローダウンと標準仕様車との違いとは?

目安時間:約 4分

2015年7月17日にマイナーチェンジが行われたホンダ・N-ONE。

 

このマイナーチェンジのときに、車高を下げた「N-ONE LOWDOWN(ローダウン)」が設定されました。

 

では、このN-ONEローダウンは、今までの標準車と何が違うのでしょうか?

 

N-ONEローダウンと標準仕様車との違い』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

N-ONEローダウンは、全高が65mm低くなって立体駐車場対応に

マイナーチェンジで新しく設定されたN-ONEローダウンは、パッと見た感じでは全高が低くなっているようには見えません。

 

それよりも、ルーフスポイラーが付いたこと、2トーンカラーになっていること、ルーフアンテナが前方に付いたことの方が目立ちます。

 

また、着座位置は10mm下がっている(足回りが10mm低くなっています)だけなので、運転席に座ってもローダウンらしさは感じられず、軽ハイトワゴンらしい視界の良さは保っています。

 

足回りが10mm、天井が55mm低くなり、全体として全高が65mm低くなったことで、立体駐車場を使える高さになっています。

 

 

残念な点としては、室内高が40mm低くなったことで、頭上空間が減少してしまったことです。

 

前席はそれほど気になりませんが、後席に身長180cmの人が座ると、頭上空間がギリギリになってしまいます。

 

標準車は余裕があったので、これはかなりのマイナスです。

 

乗り味に関しても標準車と比べてそれほど違いはないんです。

 

専用のローダウンサスペンションとフロントスタビライザーが装着されるが、やや硬めながら乗り心地の良さを重視したソフトな性格だ。20mmダウンする無限製スポーツサスペンションのようにカッチとした“いかにも”な感覚がないから、標準サスペンションに対する優位点が感じられない。ハンドリングも特筆するほどの差はなく、良くできた軽ワゴンのままだ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

もともの、N-ONEは、シャーシとボディが良くできているから、乗り心地を重視したローダウンでは、それほど乗り味に違いがでなかったというわけです。

 

 

N-ONEローダウンは、立体駐車場に対応したタイプなので、立体駐車場を利用しないなら12万円安い標準タイプのN-ONE G・Lパッケージの方が利便性が高いですよ。

 

また、走りの満足度を重視するなら、2万7000円高でターボ仕様のツアラーの方が楽しいです。

 

O-ONEローダウンは、その中間の立ち位置の車になります。

 

 

最後に、N-ONEローダウンと、標準車のG(FF)との寸法の違いを示しておきますね。

 

■標準車とローダウンの寸法(※単位はmm)

G(FF) Gローダウン 寸法差
全長 3395
全幅 1475
全高 1610 1545 -65
室内長 2020
室内幅 1300
室内高 1240 1200 -40

(引用元:ザ・マイカー)

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

この記事に関連する記事一覧

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー