東京モーターショーに発電タイヤが登場。ハイブリッドカーへ応用は?

目安時間:約 4分

2015年10月30日~11月8日まで東京モーターショーが開催されました。

 

各メーカーが、さまざまな車やバイク、パーツなどを展示して、大いに盛り上がりました。

 

※子供連れも安心して見学することができます

東京モーターショーの「乳児・幼児サービスセンター」とは?

 

そのような中、グッドイヤーが“発電タイヤ”BH-03を出展したんです。

 

タイヤで発電できれば、電気自動車などへ利用できそうな気がしまうが、実用化の目処はどうなっているのでしょうか?

 

カー雑誌がグッドイヤーに調査していましたので、結果を紹介しますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの充電が、発電タイヤの実用化の第一歩

グッドイヤーが開発中の発電タイヤ「BH-03」は、タイヤが発生する熱や圧力を電力に変えて利用するタイヤです。

 

タイヤは走行中に約80度まで発熱しますが、BH-03は、その熱をエネルギーに変えて発電します。

 

また、タイヤがたわんだり変形したいるするときの圧力も、電力に応用するというわけなんです。

 

タイヤの構造は、熱を電気に変換する「熱電素材」と、タイヤへの圧力を電気に変換する「圧電素材」の2つが重なり合ってできています。

 

グッドイヤーは、熱電素材と圧電素材のそれぞれを、基本的には独自開発を目指していますが、素材メーカーも研究を進めているので、提供を受ける可能性もあるそうです。

 

 

では、この発電タイヤは、どこまで実用化可能なのでしょうか?

 

☎ハイブリッド車バッテリーへの充電やEVへの応用もできるんですよね?

 

☎発電タイヤの動力でクルマを動かすのは、最終的な目標ですね。これはかなりハードルが高いのですが、欧米ではTPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)が義務化されていますよね?このTPMSの作動には電池を使っているのですが、その充電に発電タイヤの電気を使うというのが、実用化の第一の方向性ですね。

 

――(中略)――

 

☎開発の進捗次第で、次回の東京モーターショーで次なる展開を発表することも?

 

☎それはもちろんあり得ます。(実用化まで)1~2年でできるものではなく、10年スパンのものですが、これから電動化が進むのは間違いないですから、タイヤメーカーとしても、それに沿って開発していきたいと思います。

(引用元:ベストカー)

 

このように、タイヤ発電だけで車を動かすというのは、まだまだ先になりそうですが、少しずつ発電タイヤの実用化に向けて進んでいるようです。

 

タイヤの発電だけで車を動かすことができれば、燃費は圧倒的に延びることでしょう。100km/Lも夢ではないかもしれませんね。

 

発電タイヤが実用化される日を楽しみに待ちましょう。

 

ちなみに、発電タイヤの構造は、ランフラット技術の代替としても使えるようで、パンクした時に車を支えることも可能になるかもしれないようです。(ランフラットタイヤとは、パンクしたあとも100kmくらい走行できるタイヤのことです)

 

夢が膨らむタイヤですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー