新車を購入するときのパワーユニット損得勘定。ハイブリッドは得?

目安時間:約 12分

新車を購入するときは、オプション装備やエンジンなどのメカニズムの選択に悩んでしまいますよね。

 

購入車種は決まったのに、グレードを決める段階で悩む人も多いです。

 

営業マンにすすめられるがままに選んでしまう人もいますが、本当にそのオプションや装備は必要なのでしょうか?

 

そこで、『新車を購入するときの、パワーユニットの損得勘定』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

燃費性能に優れているからといって、ハイブリッドカーが得とは限らない

車の重要なメカニズムといえばパワーユニットです。

 

 

最近は、ガソリン車とハイブリッドカーの両方が設定されている車種も多くなり、人気の高いハイトワゴンタイプの軽自動車は、多くの車種にターボ車が用意されています。

 

また、クリーンディーゼルターボエンジンを搭載する、車種も増え、ノート(日産)には、直列3気筒エンジンにスーパーチャージャー装着車があります。

 

このように、最近の車は、パワーユニットの種類が多く、ひとつの車種に複数の排気量が設定されいるだけでなく、ハイブリッドなどいろいろなシステムも設定されることが多くなっているんです。

 

 

エンジンといってもいろんな種類があって、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

そのため、損得勘定を考えるには、メリットとデメリットをきちんと理解することが大切で、注意しなくてはいけないこともたくさんあります。

 

 

例えば、ハイブリッドカーは、燃費性能の向上が最大のメリットです。

 

しかし、モーターや専用バッテリー、制御機能が必要なので、車両価格が高くなってしまいます

 

ハイブリッドカーは、エコカー減税の対象車種なので、購入時に税金が免税されますが、今はガソリンエンジン車にも免税対象になる車種は増えています。

 

こうなると、年間走行距離が短い人は、本体価格の価格差を燃料代で取り戻すことは難しいので、燃費性能が優れているからといってもお得とは限らないんです。

 

 

軽自動車のターボ車は、動力性能の向上がメリットです。

 

軽自動車の排気量は、660ccと小さいため、力不足をターボが補いってくれます。

 

以前のターボ車は、燃費性能が悪く、エコカー減税の対象にならない車種が多かったです。

 

けれど近年のターボ車は、タント(ダイハツ)のように、ノンターボエンジン車とターボエンジン車の燃費数値を比べても、7%位しか下がらずエコカー減税になる車種もあるんです。

 

 

このように、ハイブリッドカーは燃費が掛からないからお得、ターボ車は燃費が掛かるから損と、単純に判断するのは難しいです。

 

設計の新旧によっても損得勘定は変わってくるので、燃費と動力性能、車両価格の違いなどをしっかり精査してくださいね。

 

 

パワーユニットの種類と損得勘定

新車を購入するときも、ガソリンエンジン車にするかハイブリッドカーにするか、ターボはあったほうがいいかなど、悩んでしまう人は多いです。

 

そこで、それぞれパワーユニットの特徴や損得勘定を紹介しますね。

 

ガソリンエンジン+ターボ

ガソリンエンジンにターボを搭載すれば、排気量不足を補うことができます。

 

軽自動車に搭載されることが多く、最大トルクが50~60%も高まるため、動力性能がかなり向上することがメリットです。

 

 

軽自動車は、車両重量に対して排気量が660ccと小さいことが欠点です。

 

売れ筋のスーパーハイトワゴンでいえば、ボディの重さはコンパクトカーの80%くらいですが、排気量は約半分しかありません。

 

その力不足を補うために、ターボが設定されることが多いです。

 

ノンターボ車の最大トルクは6.5kg-m前後ですが、ターボ車になると9~10kg-mまで増えます。

 

これは、1000~1200ccクラスに相当するので、コンパクトカーと同じくらいの排気量になるんです。

 

 

損得勘定で考えると、軽自動車のターボエンジンはメリットが高いです。

 

ターボエンジン搭載車は、生産台数が比較的多いため、車両価格は割安になっています。

 

ノンターボ車種と比べても、プラス7~8万円程度です。

 

燃費数値もノンターボ車の86~93%くらいなので、動力性能が大幅に高まる割には、燃費の悪化率は小さいんです。

 

平坦な道を中心として生活ならノンターボ車でもいいですが、登り坂の多い地域ではターボ車の方がおすすめですよ。

 

ストロングハイブリッドシステム

ストロングハイブリッドシステムは、走行条件に合わせてエンジンとモーター駆動を使い分けるため、燃費性能を効果的に向上させて、燃料代を抑えることができます

 

減速時には、モーターが発電機の役割をして、減速エネルギーを電気に変換して専用電池に蓄えます。

 

また、エンジンを停止して、モーター駆動だけで走る車種もあり、燃料消費量を抑えることができます。

 

加速時には、モーターがエンジン駆動を効果的に支援して、動力性能を高める効果もあるんです。

 

 

ただ、ハイブリッド車は、ガソリン車に比べて価格が高いです。

 

コンパクトカーの場合は、約14万円増しですが、排気量が大きい車種は価格差が大きくなります。

 

例えば、レクサスGSは、搭載するV型6気筒3500ccをベースにした450hは、ガソリンエンジンのV6・3500cc車よりも約100万円も高いんです。

 

エコカー減税によって、実質差額は79万円になりますが、燃料代も55%くらいになので、燃料代で差額を取り戻すのは難しいです。

 

 

車種によって違いますが、ハイブリッドの価格上昇分をガソリン代の差額で取り戻せるのは、多くの車種で10万km以上になります。

 

1年間の走行距離が1万5000km以上なら、ハイブリッドを選ぶ価値はありますが、走行距離が少ないならハイブリッド車にするメリットはあまり高くないです。

 

クリーンディーゼルエンジン+ターボ

クリーンディーゼルターボのメリットは、走行距離に対するCO2の排出量が少なく、熱効率が高いので燃費性能に優れていることです。

 

日本では、窒素酸化物や粒子状物質などの排出量が多いディーゼル車は、規制の対象になっていました。

 

しかし、クリーンディーゼルターボの登場により、ディーゼル車の需要が高まっています。

 

マツダのCX-5は、実用回転域で3500cc・V6のガソリンエンジン並みの最大トルクを発生して、JC08モード燃費は4WDでも18km/hに達します。

 

 

ですが、クリーンディーゼルターボは機能が複雑なので、車両価格が高いのがデメリットです。

 

機能がシンプルなマツダの方式でも、粒子状物質を除去するフィルターや燃料噴射装置により、、ガソリンエンジン車に比べてコストが高くなってしまいます。

 

そのため、CX-5の場合でも車両価格は、2000ccガソリンエンジン車に比べて39万円も高くなり、価格差を取り戻すには、18万kmも走行しなくてはいけないんです。

 

一方で、実用回転域の駆動力がかなり高いので、動力性能重視の人にはディーゼルエンジン車はおすすめですよ。

 

スーパーチャージャー

スーパーチャージャーは、ターボと同じ過給器ですが、排気ガスではなくエンジンの力を使って駆動しています。

 

幅広い回転域で安定した過給効果があり、クラッチによる断続もできるので、必要なときにだけ作動させられます。

 

以前は多くの車に搭載されていましたが、今は日産・ノートだけにしか搭載されていません。

 

ノートのスーパーチャージャーは、ミラーサイクルエンジンが燃費性能を上げて、動力性能を高めたいときにスーパーチャージャーを働かせる仕組みになっています。

 

 

ノーマルエンジンの日産・ノートXの最高出力は79馬力で、最大トルクは10.8-m、JC08モード燃費は23.4km/Lです。

 

そして、スーパーチャージャーエンジンを装着したノートX・DIG-Sは、最高出力98馬力で、最大トルク14.5-m、JC08モード燃費は26.2km/Lです。

 

動力性能と燃費性能の両方とも、スーパーチャージャー搭載の方が優れていますが、車両価格は20万円も高いんです。

 

ターボの搭載なら7~8万円程度の差額ですが、スーパーチャージャーを搭載すると20万円も高くなってしまいます。

 

さらに、ノートのスーパーチャージャーは、ノイズと振動も気になります。

 

購入する予定の人は、スーパーチャージャー車とノーマルエンジン車を乗り比べて検討するといいですよ。

 

 

このように、エンジンの種類はいろいろあります。

 

性能と価格を比べて、どれを購入するか検討してくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー