トヨタがサイオンを廃止した理由とは?決して失敗したからではない

トヨタ自動車が、アメリカとカナダで展開している自動車ブランドの「サイオン」。

 

トヨタは、2016年2月3日にサイオンブランドを廃止して、トヨタブランドへ統合すると発表しました。

 

ですが、なぜサイオンを廃止することにしたのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、トヨタ自動車広報部に確認していましたので、廃止の理由を紹介しますね。

 

 

最大で65万円も高く売れることも
  • 愛車を高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 初めての人でも使いやすい車買取一括査定は?

 

シェア&人気No.1の車買取一括査定なら、あなたの車が高く売れます

⇒詳細はこちらをクリック

サイオンの精神をトヨタに生かすために廃止を決定

トヨタが、2003年からアメリカとカナダで展開していたサイオンブランド。

 

トヨタは、アメリカの若者からの支持が低いという問題を抱えています。

 

それを打開して若者から支持を得るために展開されたのが、サイオンです。

 

トヨタ車は、技術や機能性は高いのですが、一方で退屈なイメージがあります。

 

サイオンは、トヨタ車にはなかったファッション性や都会的なイメージを全面的に押し出しているんです。

 

 

そんなサイオンが、2017年モデルから順次トヨタブランドで発売することになりました。

 

トヨタ広報部いわく、サイオンブランドが廃止になった理由は…。

 

☎なぜ、突然サイオンの廃止が決まったんですか?

 

☎サイオンの役割は、新しいお客様をトヨタ全体にもたらすことに加え、新しい商品を開発・展開する「試験的な場」となることにありました。今日、私たちはお若いお客様がトヨタについて昔とは異なる考え方を持っているなかで、今こそサイオンの精神をトヨタに生かすべき時だと考え、ブランド移行を決定いたしました。

 

☎とすると、サイオンが失敗したからではないんですか?

 

☎決して失敗したからというわけではありません。実際、昨年大型ピックアップのタンドラにTRDプロというモデルを設定したのですが、これまでこうした大型ピックアップにスポーティグレードを設定した例はほぼありませんでした。これもサイオンのノウハウ・精神がトヨタに生かされた例です。

(引用元:ベストカー)

 

サイオンは、「全体の7割がトヨタ車は初めて」「顧客の半数が35歳以下で、平均年齢は36歳」を達成し、トヨタの当初の目的であるアメリカの若者の支持を得るという目標を達成したために、ブランド廃止となったんです。

 

ちなみに、サイオンブランド車の販売車数は以下のようになっていて、ここ数年は、販売台数が伸び悩んでいました。

 

サイオンブランドの販売台数
販売台数前年比
2003年1万898台
2004年9万9259台910.8%
2005年15万6485台157.7%
2006年17万3034台110.6%
2007年13万181台75.2%
2008年11万3181台86.9%
2009年5万7961台51.2%
2010年4万5678台78.8%
2011年4万9271台107.9%
2012年7万3505台149.2%
2013年6万8321台92.9%
2014年5万8009台84.9%
2015年5万6167台96.8%

’15年のトヨタの米国販売台数は249万9313台なのでサイオンの占める割合は約2.2%

(引用元:ベストカー)

 

 

サイオンブランド車は、今後はトヨタブランドで販売

では、サイオンブランド車は、どうなってしまうかというと、今後は、トヨタブランド車で販売することになります。

 

☎86もアメリカではサイオンFR-Sとして売られていますが、サイオンのモデルは今後どうなるんですか?

 

☎FR-S、iM(日本名オーリス)、iA(同、マツダアクセラ)は、モデル名を維持したままトヨタブランド車となります。

(引用元:ベストカー)

 

このように、トヨタブランドとして販売し、既に販売されている車両も、トヨタでアフターサービスを行います。

 

ですが、サイオン専用のオリジナルtCは、完全にモデルが廃止されてしまいます。

 

☎日本では未発売のコンパクトスポーツtCはどうなるんですか?

 

☎tCは、「10.0リリース・シリーズ」という特別仕様車を投入後、’16年8月に生産終了します。また、米国でサイオンブランドで発売していたC-HRも’17年にトヨタブランドとして導入予定です。

(引用元:ベストカー)

 

tCの絶版は残念ですが、その他の車種はトヨタブランドとして残るのは嬉しいですね。

 

今度トヨタは、今までとは別の方法でアメリカの若者にアプローチしていく予定だそうですよ。

当サイト人気順、車買取サービスランキング

かんたん車査定ガイド

シェアは38%で業界No.1。安心の車買取一括査定サイト!

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・最大で査定を受けれる車買取店の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけ東証一部上場企業のグループ会社が運営しているので、安心して使える車買取一括査定です。業界No.1の車買取一括査定で、シェアは全体の38%。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 
ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。

 
ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:4点

・最大で査定を受けれる車買取店の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、ズバットシリーズで有名なウェブクルーが運営する車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

 
車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー