車の買取査定で高く売るコツ、マイナス&意味のないポイント

愛車を売却するときは、「100円でも高く売りたい!」と考えますよね。

 

高く売るために、査定前に洗車など準備をしている人も多いのでは。

 

けれど、せっかく準備をしたのに、無駄になるどころか、マイナス査定で買取額が下がってしまうこともあります。

 

そこで、

 

プラス査定になるポイント

査定額が下がる、マイナス査定になるポイント

プラス査定にならないけれど、車を高く売るためにやっておきたいポイント

査定に影響しない意味がないポイント

 

を紹介しますね。

 

車を売る予定の人は、高く買い取ってもらうためにぜひ参考にしてください。

 

 

ちなみに、クルマを高く売りたいなら、競合は必須ですよ!

↓↓↓

車を高く売るたった一つの方法。査定額を競合させて価格をアップ

 

最大で60万円も高く売れたことも
  • 愛車を高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 初めての人でも使いやすい車買取一括査定は?

 

シェア&人気No.1の車買取一括査定なら、あなたの車が高く売る可能性大

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

車を高く売れる「プラス査定になるポイント」

まずは、高く売ることができる、「プラス査定になるポイント」です。

 

 

車検が1年以上残っている

車検が1年以上残っていると、「車検あり」という査定になりプラス査定が見込めます。

 

車を売ることが決まっている人は、1年を切る前に売却すると査定額アップになる可能性がありますよ。

 

 

車検の残りが、査定にどのように影響があるかというと、

 

・13ヶ月以上でプラス査定

・12ヶ月以上~13ヶ月未満でプラスマイナスゼロ程度

・12ヶ月未満はプラス査定はない

 

となり、1年未満は、車検が残っていても査定に影響はありません。

 

 

ただし、車検の残りが1年以上あってプラス査定になっても、買取額は数万円高くなる程度です。

 

なので、プラス査定がほしいからといって、車検を通してから売却するのは損です。

 

車検代のほうが高いので、総合的に損をしてしまいます。

 

 

中途半端なタイミングで売るくらいなら、車検が残り2ヵ月くらいになってから売却するという考え方もアリです。

 

車検が1年以上残っていると、プラス査定になる

 

ワンオーナー

複数オーナーのクルマよりも、ワンオーナーの車のほうが、査定が高くなります。

 

新車を買って売却するときは、「ワンオーナー車」ということをアピールしてくださいね。

 

 

禁煙車

禁煙車の車は、プラス査定になります。

 

 

タバコ嫌いな人は、ちょっとしたタバコの臭いも気になるものです。

 

特に近年は、タバコ嫌いな人が増えたので、禁煙車はニーズが高いです。

 

 

ニーズが高いのにオートオークションになかなか出回らないのが、「禁煙車」です。

 

なので、禁煙車は、とても魅力的なポイントなので、査定額がアップする可能性があります。

 

 

車内をきれいにする(とくに、タバコやペットの臭いを消す)

査定を受ける前に、内装(車内)をきれいに掃除することは、高く売るためには大切なポイントです。

 

ちょっとした手間をかけて内装をきれいにするだけで、査定の評価が上がることも多いです。

 

 

特に、タバコやペットの臭いは、気にならない程度まで掃除をして消すことをオススメします。

 

ただし、芳香剤でタバコなどの臭いをごまかすのはNGです。

 

タバコを吸う人はこまめな換気と屋内掃除をする、ペットをのせる人はシートカバーをつけてケージに入れるなどして、臭い対策をしてくださいね。

 

 

シミや汚れは、減点対象になるので、中性洗剤などできれいにふき取ってください。

 

内装の掃除は、

 

1.きれいに掃除機をかける

2.中性洗剤とふき取りのいいクロス(ぞうきんでも可)でふく

3.シートなどの汚れは、中性洗剤をつけたクロスでたたくように汚れを落とす

4.フロアマットなどもきれいにする

 

ときれいになります。

 

 

査定では、内装レベルをA~Eまでで評価されます。(Aが良くて、Eが悪い)

 

内装がきれいに掃除をすると、C評価だった車がB評価まで査定が上がることも多いです。

 

プラス査定を目指して、査定の前には内装をきれいに掃除してくださいね。

 

車内をきれいにする(とくに、タバコやペットの臭いを消す)と、査定額がアップする

 

オプションパーツを付けたら、純正品は残しておく

車が好きな人は、社外オプションでドレスアップすることがありますよね。

 

社外オプションは、人によって好みが分かれるので、プラス査定になるか、マイナス査定になるかは、買取りをする業者によって判断が分かれます。

 

けれど、社外オプションを付けるとき外した純正品が残っていると、次のユーザーに喜ばれるのでプラス査定になります。

 

社外オプションをつけるときは、純正品も残しておいてくださいね。

 

 

ちなみに、行き過ぎたドレスアップは、マイナス査定になることもあるので注意です。

 

 

メーカーオプションがついている

メーカーオプションや、ディーラーオプションは、プラス査定になります。

 

特に、メーカーオプションは、後からつけることができないので、プラス査定になりやすいです。

 

 

メーカーオプションの代表的なものといえば、サンルーフや本革シート、自動ブレーキやエアバッグなどの安全装備です。

 

メーカーオプションがついている車を売るときは、査定に来た人にアピールしてくださいね。

 

※メーカーオプションは、工場の生産ラインでしかつけれないオプション

ディーラーオプションは、カーディーラーで付けるオプション。後付け可

 

メーカーオプションがついていると、査定額がアップして高く売れる可能性あり

 

室内保管(屋根下で保管)

車は、直射日光や雨風に当たるところで保管(駐車)していると、外装や内装の劣化が早くなります。

 

日光や雨により、外装の塗装が劣化したり、ヘッドライトなどが色あせたりしてしまいます。

 

内装も、変色したり、色あせたりしてしまいます。

 

 

屋内や屋根下で車を保管すれば、劣化を遅らせることができ、きれいな状態を保てるので、査定のときの評価がアップします。

 

可能な限り、屋内や屋根下で保管をすると、高く売ることができますよ。

 

駐車場が屋外にある場合は、車にカバーをしたり、ウインドウにサンシェード(日よけ)などをしたりすれば、劣化を遅らせることができますよ。

 

 

下回りがサビていない(こまめに下回りの洗車をしていた)

車をキレイに保つ人は多いですが、意外と忘れがちなのが下回りのサビです。

 

下回りがサビていると、査定額は大幅に下がってしまいます。

 

逆に、下回りがサビてなくてきれいだと、プラス査定になります。

 

 

こまめに下回りも洗車をして、サビを防いでくださいね。

 

海に近いところに住んでいる人や、雪が多くて凍結防止剤をまいている道路を走る人は、下回りがサビやすいので要注意です。

 

こまめに下回りの洗車をするのが大変という人は、タイヤ館などで下回りの防錆コーティングをすると、サビを防ぐことができますよ。

 

下回りのサビは、買取額が大幅にダウンするので、こまめに洗車をしよう

 

取扱説明書や整備手帳、保証書、スペアキーなどがある

新車で車を買うと、取扱説明書や整備手帳、保証書、スペアキーなどがついてきます。

 

取扱説明書などが残っていると、査定がアップしやすいです。

 

 

定期的に点検、メンテナンスをしていた

1年点検や、こまめにエンジンオイルの交換など、定期的にメンテナンスをしていると、査定額がアップします。

 

整備手帳にしっかり記録を残して、査定のときにアピールしてください。

 

定期的に点検、メンテナンスをしていると査定額がアップする

 

査定のときに、愛車の良い点を伝える

ざっくり査定額をアップさせる方法を言うと、「買い手にとって嬉しいことが、愛車の買取価格を上げるポイント」です。

 

 

査定をしてくれる営業マンは、査定のときにできるかぎりあなたの車の良いところ(買い手が嬉しいポイント)を探してくれます。

 

けれど、査定をする時間は10分~30分くらいなので、良いところを見逃してしまうことも多いです。

 

なので、見逃されないように、査定にきてくれる営業マンに、積極的に良いところをアピールしてください。

 

人気色(白や黒、パールホワイト)

・走行距離が少ない

・完全禁煙車

・毎年1年点検を受けていた(整備手帳を見せてアピールしましょう)

ブレーキパッとやタイミングベルトなど消耗品を交換したばかり

車のグレードが最上級

新車購入時のメーカー保証が残っている(保証書も一緒に見せてアピールしよう)

シートカバーをつけていた

 

など、良いところはもれなく伝えて、高額査定を狙ってくださいね。

 

詳しくは、こちらを参考にしてください。

↓↓↓

車の下取り&買取査定では、オプションや禁煙車など良い所はすべて伝えよう

 

 

査定の時には、車の良いところをすべて伝えよう

 

査定額が下がる「マイナス査定になるポイント」

次に、査定額が下がってしまう、「マイナス査定になるポイント」を紹介しますね。

 

 

行きすぎたドレスアップパーツを装備している

上でオプションパーツが付けていると、プラス査定になりますとお話ししました。

 

けれど、行き過ぎたドレスアップや、好みが分かれるオプションパーツ、ボディに穴をあけて装着されているオプションなどは、減点となってマイナス査定となります。

 

オプションパーツを付けるときは、純正品も必ず残しておいてくださいね。

 

 

自分でキズや凹みを直す

ボディなどに大きなキズや凹みがあると、査定額は下がってしまいます。

 

だからといって、自分でキズや凹みを直すと、かえって評価が下がってしまうことがあります。

 

 

査定では、ボディ表面を目線を移動させたり、手で触ったりしてしっかりチェックされます。

 

自分で直した跡があると、減点となることも。

 

良かれと思ってDIYしても、かえってマイナスになるというから要注意です。

 

うかつに自分で直さない方がいいですよ。

 

 

査定前のボディのキズや凹みに関しては、こちらを参考にしてください

↓↓↓

車査定の前に、ボディの傷や凹み、サビを修理すると損します

キズやへこみを自分で直すと、マイナス査定になる可能性あり

タバコやペットの臭いがする

先ほどお話ししましたが、タバコやペットの臭いは、マイナス査定になります。

 

愛車を高く売りたいなら、臭い対策はしっかり行ってくださいね。

 

 

ただし、査定額アップを狙って車内クリーニングをする必要はありません。

 

クリーニングにかかる費用よりも、査定額アップの分の方が低いので、トータルで考えると損をしてしまいます。

 

 

塗装の色あせやシートのへたりなどの劣化や、傷や凹み、サビなどがある

塗装が色あせていたり、シートにへたりがあったりするなど、劣化があると査定額は下がってしまいます。

 

また、キズや凹みがあっても、査定額は下がります。

 

 

どんなに丁寧に乗っていても、劣化やキズなどはできてしまいます。

 

あまり意識しすぎると疲れてしまうので、できる範囲でていねいに車を扱って、内装&外装をキレイに保ってくださいね。

 

塗装の色あせや、シートのへたりは、マイナス査定になって買取額が下がる

 

プラス査定にならないけれど、車を高く売るために「やっておきたいポイント」

次に、行ってもプラス査定になるわけではないけれど、車を売るときには「ぜひやっておきたいポイント」を紹介しますね。

 

愛車を高く売るために、査定を受けるまえにぜひ行ってくださいね。

 

 

洗車

査定を受ける前にやっておきたいのが、“洗車”です。

 

 

先ほど、内装をきれいに掃除をすることは、査定額アップになる可能性があるとお話ししました。

 

ハッキリいうと、洗車をしてもプラス査定になるわけではありません。

 

洗車をしても、査定にはあまり意味はないんです。

 

 

けれど、査定を受ける前には、かんたんでいいので洗車をしてください。

 

理由は、「査定をする営業マンの印象が違うから」です。

 

 

ボディが汚れている車を見ると、営業マンは、

 

車が汚い

大切に乗られていないかも…

定期的なメンテナンスが行われていないかも…

あまり良いクルマでないかも…

 

となって、あなたの車の印象が悪くなってしまう可能性があります。

 

 

逆に、きれいに洗車してある車は、『大事に乗られてきた車なんだろうな』と好印象になるんです。

 

印象なので査定額に影響するわけでなありませんが、最後の一押しのときに査定額が変わってくる可能性があるんです。

 

少しでも愛車を高く売るために、査定の前にはぜひ洗車を行ってくださいね。

 

 

※洗車と買取査定に関しては、こちらを参考にしてください。

↓↓↓

車の下取り&買取査定前に洗車・掃除をすると、買取額に差が出る?

 

査定の前に、洗車はぜひやっておこう

 

車を高く売るのに「意味がないポイント」

最後に、車を売るときに、せっかく行っても査定に「まったく意味がないポイント」を紹介しますね。

 

 

査定を受ける前に車検を通す

上で、車検が1年以上残っていると、プラス査定になるとお話ししましたね。

 

だからといって、査定を受ける前に車検を通すと、結果として損をする可能性があります。

 

 

車検は、軽自動車なら5~7万円、普通車なら6~10万円くらいかかります。

 

こんなにもお金をかけて車検を通しても、査定額がアップする分が、車検代以上になることはありません。

 

なので、車検を通してから査定を受けると、損をしてしまうんです。

 

 

売ることが決まっているなら、車検を通さずにに売却したほうがいいですよ。

 

 

プロにキズやへこみを直してもらう

査定を受ける前に、お金をかけてプロにキズや凹みを直してもらうことも、損をする可能性があります。

 

プロにキズや凹みを直してもらっても、査定額がアップする分が修理代以上になることはありません。

 

なので、結果として損をしてしまうんです。

 

査定を受けるときは、キズや凹みはそのままのほうがいいですよ。

 

 

ワックスがけやコーティング、タイヤ交換、ガソリンを満タンにする

査定額アップをねらって査定を受ける前に、ワックスがけやコーティング、タイヤ交換をする人がいます。

 

「査定額がアップするかも」と、ガソリンを満タンにする人もいます。

 

けれど、ワックスがけやコーティング、タイヤ交換、ガソリンを満タンにするなどは、高額査定につながることはありません。

 

お金や手間ひまをかけて行っても、まったく意味はないんです。

 

 

査定を受けるときは、コーティングなどはしないで、タイヤやガソリンの残量もそのままでOKですよ。

 

車を高く売るのに「意味がないポイント」

 

まとめ

これまで「車を高く売るためのコツやポイント」の噂がいろいろとでていましたが、噂のなかには意味がないことや、かえってマイナス査定になることもありました。

 

今後、車を売る予定の人は、高く売れるポイント+洗車を行って、高額査定を目指してくださいね。

 

また、査定を受ける前だけじゃなく、日ごろからていねいに愛車を扱ってきれいな状態を保って、売るときには高く売ってくださいね

 

当サイト人気順、車買取サービスランキング

かんたん車査定ガイド

シェアは38%で業界No.1。安心の車買取一括査定サイト

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・最大で査定を受けれる車買取店の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけ東証一部上場企業のグループ会社が運営しているので、安心して使える車買取一括査定です。業界No.1の車買取一括査定で、シェアは全体の38%。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけのらくちんな車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、電話ラッシュはありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたんです。サービスは、すべて無料で利用できます。


↑↑↑

【無料でできます!】

車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ