スタッドレスタイヤの意味や必要性とは?よくある疑問も紹介

雪道や凍結路面をクルマで走るためには、スタッドレスタイヤは必須アイテムです。

 

雪がする地域で生活する人にとっては、必要不可欠なものですね。

 

 

ですが、そもそも、スタッドレスタイヤは必要なのでしょうか? ノーマルタイヤで走っちゃいけないのでしょうか?

 

年に数回しか雪が降らないところに住んでいる人は、特に「スタッドレスタイヤなんて必要なの?」と思いますよね。

 

そこで、『スタッドレスタイヤの必要性と、よくある疑問』についてお話ししますね。

 

 

電話が来るのは1社だけ。オークション形式車買取査定サービス
  • かんたんな方法で愛車を高く売りたい
  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 安心な方法で愛車を売りたい

 

車買取一括査定のデメリットを解決した車査定サービスで、あなたの悩みを解決できます。

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

なぜ、雪道や凍結路は滑るの?

雪道&凍結路面を走行するためには、「スタッドレスタイヤは必須」はドライバーの共通認識です。

 

ですが、なぜ、雪道や凍結路は、滑るのでしょうか?

 

 

タイヤ(クルマ)が滑る原因は、「水の膜」です。

 

 

凍結路や雪道をクルマで走行すると、氷(雪)とタイヤの間に「水の膜」ができます。

 

水の膜が、タイヤと路面が密着するのをジャマする(摩擦力がなくなる)ので、タイヤが滑ってしまうんです。

 

ノーマルタイヤで雪道や凍結路を走ると、滑って走れない&止まれないとなるのは、「水の膜」が原因なんです。

 

 

例えば、氷を指で持つと、最初は掴んでいることができますよね。

 

けれど、氷が解けてくると、(氷と指の間に水の膜ができるので、)滑って掴みにくくなります。

 

凍結路や雪道では、指と氷と同じようなことが起こっているというわけなんです。

 

 

 

では、雪道や凍結路で止まる(滑らないようにする)には、どうすればいいかというと、「水の膜を取り除く」「接地面を増やす」ことです。

 

 

氷(雪)とタイヤの間の「水の膜」が、滑る原因なら、水の膜を取り除けば、クルマは滑らずに走行することができます。

 

 

また、ノーマルタイヤは、(スタッドレスタイヤと比べて)ゴムが硬いので、氷(雪)がある路面との接地面が少ないです。

 

接地面が少ないので、摩擦力が小さくて滑ってしまいます。

 

タイヤのゴムを柔らかくすると、(路面に密着するので)接地面積が増えて、摩擦力が大きくなって滑りにくくなります。

 

 

雪道や凍結路で滑らずに走るためには、「水の膜を取り除いて、タイヤを氷に密着させること」がポイントとなるんです。

 

スタッドレスタイヤは、「排水性を高める」「ゴムを柔らかくする」ことで、雪道や凍結路で安心して走れるようになっているんです。

 

 

ちなみに、雪道や凍結路では、自動ブレーキが作動しても、滑って止まりきれません。

 

「自動ブレーキがついているから安心」と思わずに、安全運転を心がけてくださいね。

 

※自動ブレーキは、ドライ路面以外では止まれないことも。

自動ブレーキは雪上では効果を発揮できない。止まれずに事故します

 

雪道や凍結路で滑る理由は、「水の膜」

 

暖冬だから、スタッドレスタイヤを履かないは、危険

「雪道や凍結路でタイヤが滑る理由は分かったけど、暖冬だし、年に数回しか雪が降らないから、スタッドレスタイヤを買うのはもったいない」と思う人は多いです。

 

けれど、これは危険です。

 

 

理由は、

 

    • 普段、雪が降らない地域でも、絶対に雪が降らないとは言えない
    • 雪が降らなくても、路面が凍結することがある
    • 凍結しやすい場所がある

 

からです。

 

それぞれ説明させていただきますね。

 

 

普段、雪が降らない地域でも、絶対に雪が降らないとは言えない

2018年1~2月は、普段、雪が降らない都心部や地域でも記録的な大雪が降りました。

 

雪が降らない地域なので、スタッドレスタイヤを持っている人は少なく、無理してノーマルタイヤで走行したクルマが立ち往生して大渋滞を起こしていました。

 

 

さらに、積もった雪は日中に溶けても、夜中には凍ってしまうので、翌朝は凍結路面に姿を変えます。

 

積雪や凍結路面は、一週間くらい残ることもあるので、ノーマルタイヤのままだと凍結が残っている間、ずっとクルマに乗れないということになるんです。

 

 

また、「天気予報を見て、雪が降りそうになったらスタッドレスタイヤを買う」という人もいますが、みんな考えることは同じです。

 

雪が降る直前でスタッドレスタイヤを買おうとしても、カー用品店のピット作業がいっぱいでタイヤ交換してもらえなくて、結局、買えなかった……、ということになってしまいます。

 

 

沖縄県のように、「雪が降ることはほとんどない」という地域の人は一年中ノーマルタイヤでも大丈夫ですが、「数年に1~2回は雪が積もる」という地域の人は、念のため、寒くなりだしたらスタッドレスタイヤに交換してくださいね。

 

雪が降らない地域でも、ときどき降ることがある

 

雪が降らなくても、路面が凍結することがある

雪が降らなくても路面が凍結することがあります。

 

2018年の冬(2017年12月~2月)は、東京都や大阪府で約40日、名古屋市や久留米市で約30日、路面が凍結しました。

 

 

凍結路面では、ノーマルタイヤだと30km/hでブレーキを踏んでも、止まるまで40m以上も滑ってしまいます。

 

「雪が降ってないから大丈夫」と思わずに、「路面が凍結しているかもしれない」という考えで、ぜひスタッドレスタイヤの装着をしてください。

 

雪が降らなくても、路面が凍結することも

 

凍結しやすい場所がある

クルマ通りが多いところや、街中では凍結していなくても、凍結しやすいところがあります。

 

凍結しやすいところは、

 

    • 日陰(ひかげ)
    • 橋の上
    • トンネルの出入り口

 

の3ヶ所です。

 

 

日向は太陽の光で温められるので氷はとけますが、日陰は氷がいつまでもとけずに残っている可能性が高いです。

 

水たまりだと思って普通に走っていたら、実は凍結路面だったとうこともあるので注意です。

 

 

普通の道路は凍っていないのに、橋の上だけ凍結してるということはよくあります。

 

橋の上が凍結しやすい理由は、橋は空中にあるので地中からの熱がなく、空中に熱を奪われやすいからです。

 

さらに、橋は、風通しも抜群です。

 

そのため、橋の上の温度は非常に下がりやすく、大気との温度差が10℃近くになることも。

 

温度差により、大気中の水蒸気などが橋の路面につき、凍結するというわけなんです。

 

 

トンネルの出入り口も凍結しやすいです。

 

冬場のトンネル内は、外と比べて暖かいです。

 

トンネル内の湿気を含んだ暖かい空気が、出入り口で外気に触れて急激に冷やされて路面が凍結しやすくなります。

 

また、溶けだした雪が、出入り口で凍結することも。

 

そのため、トンネル内の出入り口も、凍結しやすいので注意です。

 

 

雪が数年に1度しか積もらない地域の人も、都心部の一部や郊外で凍結しているところがある可能性もあるので、念のためスタッドレスタイヤに交換することは大切なんです。

 

郊外などには、凍結しやすい場所がある

 

積雪路&凍結路を夏用タイヤで走ると、法令違反に

都心部で雪が降ると、必ずと言っていいほど、ノーマルタイヤで走行した結果、立ち往生して渋滞を引き起こすクルマが出ますよね。

 

 

実は、積雪や凍結した路面をノーマルタイヤで走行した場合、法令違反になるんです。

 

都道府県道路交通法施行細則、または、道路交通規則で、積雪路や凍結路では冬用タイヤの装着など「防滑処置の義務」が規定されているんです。

 

違反すると、違反点数はありませんが、反則金(大型車7000円、普通車6000円、自動二輪6000円、原付車5000円)をとられます。

 

 

雪道などをクルマで走行するときは、必ずスタッドレスタイヤを装着してくださいね。

 

※ノーマルタイヤで雪道を走ることは、危険&法令違反です

車のチェーン規制がでる条件は?夏用タイヤで走ると違反になるの?

 

積雪路&凍結路を夏用タイヤで走ると、法令違反に

 

スタッドレスタイヤのよくある疑問

雪が降ったり、路面が凍結したりする地域の人にとっては、スタッドレスタイヤはなくてはならないものです。

 

けれど、「これってどういうことなんだろう?」と思うことも少なくないですよね。

 

そこで、スタッドレスタイヤのよくある質問を紹介しますね。

 

 

スタッドレスタイヤはいつ頃から装着すればいい?

雪が降る直前にスタッドレスタイヤに交換しようとすると、「何らかのトラブルで交換できなかった」となりかねません。

 

また、ブレーキ性能は、気温によって変わります。

 

 

雪が降ってきたら&雪がする直前ではなく、「気温が下がってきたら、スタッドレスタイヤに交換」するといいです。

スタッドレスタイヤは寒くなってきたら装着を

タイヤチェーンと比較したときの、スタッドレスタイヤのメリット

タイヤチェーンも、雪道などを走るときに効果のある道具ひとつです。

 

けれど、タイヤチェーンは、走行時に不快な揺れがありますし、雪のあるなしで取り付け&取り外しをしなくてはいけません。

 

 

スタッドレスタイヤは、タイヤチェーンと比べて

 

・走行時に揺れない

・つけ外しの手間がない

 

というメリットがあります。

 

スタッドレスタイヤのメリット

 

スタッドレスタイヤにしたら、ノーマルタイヤはどうやって保管したらいい?

スタッドレスタイヤに交換したら、ノーマルタイヤは春がくるまで保管することになります。

 

外したタイヤは、

 

    • 直射日光を避けて、袋などに入れて涼しいところに
    • (ホイールを付けたまま保管するときは)空気圧を1/2程度に下げる
    • (ホイールにつけたまま保管するときは)接地部の変形防止のために、なるべく縦置きにする
    • 床面にタイヤを置くときは、床の汚れ防止のために、段ボールなどを敷くといい

 

という方法で保管すると、劣化を遅くすることができます。

スタッドレスタイヤに交換したら、ノーマルタイヤはどうやって保管すればいい?

 

スタッドレスタイヤは、どうなると性能が低下する?

スタッドレスタイヤは、(溝がなくなる以外に)偏摩耗ゴムが硬くなると性能が低下してしまいます。

 

偏摩耗しないように、ときどきローテーションをしてくださいね。

 

また、溝が十分にあっても、ゴムが硬くなったら凍結路面で滑りやすくなってしまします。

 

シーズンごとにゴムの硬さを確認して、もし硬くなっていたら、溝が残っていても新品のスタッドレスタイヤを購入してくださいね。

 

スタッドレスタイヤはどうなったら性能が低下する?

 

まとめ

スタッドレスタイヤは、雪上&凍結路面を走るときには、必須のアイテムです。

 

本格的な冬に入る前に、早め早めにスタッドレスタイヤに交換してください。

 

雪上や凍結路面をノーマルタイヤで走行することは、危険なので絶対に行わないでくださいね。

 

 

ちなみに、スタッドレスタイヤは「滑りにくくするタイヤ」なので、絶対に滑らないということではありません。

 

雪道や凍結路面を走行するときは、安全に安全を重ねた運転をしてくださいね。

 

※雪道走行になれていない人は、ぜひ一読を

雪道&凍結した道で、車が滑らない運転方法とポイント

 

当サイト人気順、車買取サービスランキング

ユーカーパック

電話は1社だけで、査定も1回だけの安心&らくちんなオークション式車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

ユーカーパック査定は、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も提携しているガソリンスタンドで受けるだけでOKなのでかんたん。あなたの個人情報も1社だけにしか公開されないので安心です。サービスは、すべて無料で利用できます。

 

SellCa(セルカ)

全国6000社以上が入札に参加する車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:5点

・入力項目の数:4点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

オークション形式の車査定買取サービスのSellCa(セルカ)。全国6000社以上の車買取店やディーラー系の中古車販売店と提携していて、入札に参加してきます。そのため、競争が激しくなるので、高く売れる可能性大です。電話も1社からだけ、査定も1回だけなのでかんたんです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる業者を紹介してくれる、新しい車査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使えるか?:5点

・査定の受けやすさ:5点

・提携している車買取店の数:4点

・入力項目の数:5点

・サイトのデザイン:5点

 

●詳細

電話は1社からだけ査定も1回だけという、手間なく、かんたんに、楽に良い条件で車を売ることができます。査定の申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した、これまでにない新しい車査定サービスです。

 


車買取一括査定の評価一覧
サイト内検索
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ