スタッドレスタイヤを履いても過信はNG。雪道は車も滑ります

目安時間:約 4分

冬の季節が近づいてきて、愛車の冬支度をしている人も多いことでしょう。

 

愛車の冬支度の第一ステップといえば、スタッドレスタイヤですよね。

 

「スタッドレスタイヤを履けば、雪道なんて怖くない」って思う人もいるかもですが、スタッドレスタイヤでも滑ることがあります。

 

そこで、冬のドライブで危険なポイントを紹介しますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

スタッドレスタイヤは著しく進化している

タッドレスタイヤは、ここ10年くらいで劇的に性能が進化しました。

 

圧雪路面でのグリップ性能や操縦安定性の良さは、1世代前のスタッドレスタイヤでほぼピークに達しました。

 

そして、最新のスタッドレスタイヤは、氷上のグリップ性能の向上だけでなく、ドライ路面での層奥安定性の向上、さらに、スタッドレスタイヤの懸案事項だったウエット性能の向上まで行われているんです。

 

さらに、低転がり抵抗性能(=燃費向上)にまで意識が向いているスタッドレスタイヤも出てきているんですよ。

 

このように、スタッドレスタイヤは、すさまじく進化しているんです。

 

 

スタッドレスタイヤを履いても、「雪道は滑る」ということを忘れない

このように、近年のスタッドレスタイヤは、大きく進化し、性能が著しくアップしています。

 

けれど、雪道は滑ります。

 

スタッドレスタイヤの性能が高くなったおかげで、安全性も高まりましたが、一方で油断してしまうことも多くなりました。

 

 

いっけん、圧雪路に見えますが、その下にはアイスバーンが隠れているような路面が山道にはたくさんあります。

 

このような道に圧雪路だと思ってスッとハンドルを切り込んでいったら、下に隠れていたアイスバーンによってタイヤが全くグリップせず、危うく事故死そうなったという経験をした人もいることでしょう。

 

スタッドレスタイヤの性能が高くなっても「雪道は滑る」ということを頭に叩き込んで、スノードライブを楽しんでください。

 

以下のような場所や路面は、特に危険なので注意して運転してください。

 

■雪国の山道、陽の当たる路面はドライでもコーナーを回り込んだ北側斜面の日陰は雪が残っている

■日中に融けた雪面の水分が夜間に凍ってアイスバーンになる。この上に雪が降り積もると、いっけん圧雪路のようだが実はアイスバーンという一番怖い路面になる

■下の路面が透けて見えるため、いっけんドライ路に見える『ブラックアイス』に要注意

(引用元:ベストカー)

 

雪道は滑ります。

 

スタッドレスタイヤを履いていても過信をしないで、安全運転を心掛けてください。

 

4WD車にスタッドレスタイヤという組み合わせは、最も過信しやすいので気を付けてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー