アトキンソンサイクル、高ブースト、ツインスクロールターボとは?現代のターボの必須キーワード

目安時間:約 7分

現在、日本の車業界では“ダウンサイジングターボ”が広まりつつあります。(ダウンサイジングとは、大排気量NAエンジンを小排気量ターボエンジンに置き換えることです)

 

そんな現代のターボエンジンを見る上で大切なキーワードがあり、前回、「直噴ターボ」と「高圧縮」についてお話ししました。

近年のターボエンジンの必須キーワード。直噴ターボ、高圧縮

 

今回は、その続きとして

 

・アトキンソンサイクル

・高ブースト

・ツインスクロールターボ

 

についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

アトキンソンサイクル《現代流ターボのキーワード》

アトキンソンサイクルとは、シリンダー内の圧縮比に対して、膨張比を大きく取る理論サイクルのことです。

 

エンジンの吸気バルブを、遅く閉じるor早く閉じることで実用化されています。

 

 

吸気後の圧縮工程のときに吸気バルブを少し開けておくことで、吸気はバルブから少し漏れだします。

 

ということは、すなわち事実上、圧縮比が低減したことになります。

 

そして、燃料(混合気)を点火して爆発させた後の膨張工程では、すべてのバルブは閉じられています。

 

なので、圧縮比にたいして、膨張率が大きくなるということなんです。

 

 

例えば、1500ccのエンジンがあるとします。

 

普通のガソリンエンジンなら、1500ccの混合気を吸気して、燃焼させます。

 

一方、アトキンソンサイクルのエンジンは、吸気した混合気を1000ccくらいにしてしまいます。その後、混合気を燃焼させますが、その時、膨張する分は1500cc分となります。

 

1000cc分の混合気で、1500ccの仕事をさせるエンジンというわけなんです。

 

 

アトキンソンサイクルエンジンは、燃焼率が良くなるため、燃費が向上するというメリットがあります。

 

一方、事実上、排気量が小さくなってしまうため、トルクが低下してしまうというデメリットがあるんです。

 

そのため、トルク低下分をターボなどで補うというのが、近年のダウンサイジングターボの考え方になっています。

 

 

高ブースト《現代流ターボのキーワード》

ターボエンジンの性能を決める要素に、“過給圧”があります。

 

過給圧とは、「どれだけたくさんの空気をシリンダーに圧送できるか」ということです。

 

 

ターボではない自然吸気エンジンは、ピストンが下がる際の負圧によってシリンダー内に吸気されます。そのため、大気圧以上は吸気できません。

 

一方、ターボは、ポンプで空気を充てんするようなイメージです。

 

 

前回、昔のターボエンジンは、圧縮比が低かったとお話ししましたが、実は、過給圧も低かったんです。

 

過給圧は、0.4~0.5kg/㎠が一般的で、R32GT-RのRB26DETTでも0.75kg/㎠程度でした。

 

思いっきりチューニングしても1.0kg/㎠を超えるのはかなり異例で、大がかりな冷却対策やノッキング対策が必要でした。

 

 

けれど、近年のターボエンジンは高ブーストで、2015年4月6日にマイナーチェンジが行われてオーリス120T(新グレード)のエンジンは、1.0kg/㎠の過給圧なんです。

 

過給圧を見ると、R32GT-RやR33GT-Rよりも高ブーストなんですよ。

 

 

ツインスクロールターボ《現代流ターボのキーワード》

ツインスクロールターボとは、エンジンのエキゾーストマニホールド(排気)から、ターボのタービンへの流通経路を2つに分けた構造のものをいいます。

 

 

一般的なターボは、排気をタービンに流す経路は1つです。

 

一般的なターボでは、低回転域で過給を行うようにするために、少ない排気でもタービンホイールに排気を当てます。けれど、高回転で排気量が多くなると、流通経路が狭いため“排気干渉”が起こり、過給効率が低下してしまうんです。

 

その結果、燃費悪化などにつながってしまいます。

 

 

この排気干渉を解決するために作られらのが、ツインスクロールターボです。

 

タービンへの流通経路を2つに分けることで、排気干渉を低減することができるようになるというわけです。

 

 

ちなみに、シーケンシャルツインターボというものもありますが、これは低回転用ターボと高回転用ターボの2つのターボを搭載している物です。

 

シーケンシャルツインターボは、低回転域ではあまり過給圧が発生しないというターボのデメリットを改善したものです。

 

けれど、2つのターボを搭載しているため、重量もコストも高くなってしまうというデメリットもあるんです。

 

これに対し、ツインスクロールターボは、一つのターボで構成されるので、省スペースで低コストというメリットもあるんですよ。

 

 

前回、今回と、現代のターボを知る上で大切なキーワードをお話ししました。ターボは、昔と比べて大きく進化しているんですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー