新型ヴィッツハイブリッドとアクアの違いとは?実燃費は同じくらい

目安時間:約 7分

2017年1月12日に、トヨタ・ヴィッツが、2回目のマイナーチェンジをしました。

 

マイナーチェンジの目玉は、ハイブリッドモデルが追加されたことで、内装、外装ともにデザインも一新されました。

 

でも、トヨタのコンパクトハイブリッドといえば、アクアがありますよね。

 

アクアとヴィッツハイブリッドは、同じようにも思えますが違いがあるのでしょうか?

 

そこで、『ヴィッツハイブリッドはアクアどう違うの?』についてお話しします。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

新型ヴィッツは、最高グレードハイブリッドUがベスト

ヴィッツハイブリッドの登場は、ガソリン車のハイブリッド化が急速に進んでいるように思えますが、じつは違います。

 

ヴィッツには海外仕様の兄弟車「ヤリス」があり、ヤリスのハイブリッド車は、アクア発売の半年後の2012年5月に海外で発売されていたんです。

 

ヴィッツハイブリッドは、アクアとキャラクターが似ているので、日本での発売は見送られていましたが、やっと国内での販売が実現したんです。

 

登場が遅くなった分、ヴィッツハイブリッドは、エンジンやサスペンションなどのメカニズムは最新のものになっています。

 

 

ヴィッツハイブリッドは、これまでのヴィッツと同じ3つのグレードが用意されています。

 

・豪華仕様のハイブリッドU
・女性向けのハイブリッドジュエラ
・低価格のハイブリッドF

 

たくさんのグレードの選択肢を用意して、幅広いユーザーに対応しながら、目に見えない部分が進化したヴィッツハイブリッドは、今“買い”の1台といえます。

 

一方で、スポーツグレードのRSと、1.5LのUグレードが、廃止されました。

 

 

最上級グレードのハイブリッドUは、車両本体価格が200万円を超えていますが、乗ってみるとその価値がわかります。

 

乗り心地の良さなど、走りの質感も高いので、快適性は抜群です。

 

また、高速運転で活躍するクルーズコントロールが標準装備されているなど、先進性も体感しやすいです。

 

 

一方、低価格のハイブリッドFは、約182万円と安いですが、やはり内装やインテリアの装備、機能が他のグレードよりも劣ります。

 

そこで、約1万円のスマイルシートパッケージをオプション装着するのがおすすめです。

 

Fグレードの場合は、ヘッドレストがシートと一体化して外れません。

 

しかし、スマイルシートパッケージを装着すると、フロントシートがヘッドレスト分離式の一般的なものになり、シートの快適性が良くなります。

 

また、買い物アシストシートや助手席シートアンダートレイなど、便利な機能も装備されるんです。

 

ただ、内装の加飾パネルが革シボになるので、価格の割に見た目がイマイチです。

 

 

数人乗車しての実燃費は、アクアもヴィッツハイブリッドもほぼ同じ

新型ヴィッツハイブリッドの走り出し音は、アクアとほぼ同じです。

 

というのもアクアとヴィッツハイブリッドは、同じパワーユニットを同じようなサイズのボディに積んでいるからなんです。

 

強いていうなら、ヴィッツハイブリッドは、乗り心地に骨太なしっかり感があります。

 

マイナーチェンジで新しくなった分の良さが感じられます。

 

 

燃費は、カタログ上ではアクアが37km/L、ヴィッツハイブリッドが34.4km/Lなので、アクアのほうが低燃費に思えます。

 

しかし、アクアに安全装備のサイドエアバックとカーテンシールドエアバッグなどをオプション装備すると、車両重量が10kg増えてしまいます。

 

するとモード燃費は1090kg以上の重量区分になるので、そこでのカタログ燃費数値は33.8km/Lになり、ヴィッツハイブリッド34.4km/Lと大差はないんです。

 

人や荷物を載せたときの実燃費は、新型ヴィッツハイブリッドもアクアも、ほとんど違いがないんです。

 

 

後席の広さは、アクアよりヴィッツハイブリッドが上回る

ヴィッツハイブリッドとアクアの大きな違いは、後席の居住性です。

 

ヴィッツもコンパクトカーなので、あまり広くないですが、頭上空間と膝回りはアクアより余裕があります。

 

2人で使う場合はアクアでも十分ですが、ファミリーカーとして使うなど後席の使用頻度が多い人は、ヴィッツハイブリッドのほうがおすすめです。

 

 

また、ヴィッツは、助手席に「買い物アシストシート」が装備されていて、荷物が載せやすいです。

 

助手席の座面部分には、プレートがあり上に引き出せるので、荷物の転がりを防いでくれます。

 

 

本体価格は、アクアのほうが少し安いですが、その分、オプション設定になっている装備も多いです。

 

アクアとヴィッツの価格の比較は、自分が欲しいオプションを全て装備してから判断してくださいね。

 

 

このように、新型ヴィッツハイブリッドとアクアは、このような違いがあります。

 

購入するときは、実際に見て、触って、乗ってみて選んでくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー