スズキ・ワゴンRをチェック!マイルドハイブリッド車の素敵なポイント

目安時間:約 7分

1993年に登場して以来、大人気のスズキ・ワゴンR。

 

ハイトワゴン軽自動車のパイオニアの車です。

 

そんなワゴンRは、どんな車なのでしょうか?『ワゴンR素敵なところや残念なところ』についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

スズキ・ワゴンRは、軽自動車のベンチマーク(基準となる)車

スズキ・ワゴンRが1993年に登場するまで、軽自動車は乗用車タイプ(アルトなど)かワンボックスタイプ(キャリーなど)しかありませんでした。

 

そのため、ハイトワゴンタイプのワゴンRは、発売当初、革新的な車だったんです。

 

なので、今でも「軽自動車=ワゴンR」というイメージを持つ人は多いですし、中には、「軽自動車を買う予定の人は、まずワゴンRを見るべき」と言う人もいるくらいです。

 

このように、ワゴンRは、軽自動車のベンチマーク的な車なんですよ。

 

そんなワゴンRの主要諸元を示しておきますね。

 

《ワゴンR(FZ/2WD)の主要諸元 》

●全長×全幅×全高:3395×1475×1640mm

●室内長×室内幅×室内高:2165×1295×1265mm

●ホイールベース:2425mm

●エンジン種類:直3DOHC+モーター(S-エネチャージ搭載車)

●総排気量:658cc

●最高出力:52ps/6000rpm

●最大トルク:6.4kgm/4000rpm

●タンク容量:27L

●JC08モード燃費:32.4km/L(S-エネチャージ搭載車)

 

ちなみに、グレードFZは、

 

・ターボ車

・ノンターボS-エネチャージ搭載車

 

があります。

 

また、車体色は、全7色になっています。

 

 

ワゴンRは、軽自動車初のマイルドハイブリッド搭載車

先日(2015年5月13日)、にハスラーの一部改良が行われて、S-エネチャージが搭載されてました。

 

けれど、ワゴンRは、初めてS-エネチャージを搭載した車で、軽自動車初のマイルドハイブリッドカーなんです。

 

※ハイブリッド方式の軽自動車は、かつてはスズキ・ツインなどがありましたが、残念ながら売れず、2005年9月に生産中止となりました

 

※ワゴンRのマイルドハイブリッドについては、こちらを参考にしてください

マイルドハイブリッドのワゴンR登場で、軽自動車も燃費競争突入

 

※ハスラーの一部改良の内容については、こちらを参考にしてください

ハスラーが一部改良。『S-エネチャージ』搭載で燃費が大幅アップ

 

 

このS-エネチャージの搭載はワゴンRのポイントの一つで、燃費を向上させるだけではなく、パワフルさの向上やアイドリングストップからのエンジン再始動が静かになるなど、メリットはとても大きいんです。

 

しかも、このS-エネチャージは、他社にはなく、スズキ車(ワゴンRとハスラー)にしか搭載していないんですよ。

 

 

また、ワゴンRの素敵なポイントしては、

 

・後席も広々

・冬場に嬉しいシートヒーターがある

・自動ブレーキなど安全装備が設定されている

 

という所があります。

 

 

後席は、大人の男性が乗っても、足元&頭上は余裕があり、しかも、左右独立してスライド&リクライニングできるので快適に乗っていることができます。

 

また、すべてのグレード(FAは4WD車のみ)に運転席にシートヒーターがついています。また、FZとFX・CVTの4WD車は、助手席にもシートヒーターがついています。

 

寒い冬場にはとっても嬉しいですね。

 

さらに、誤発進制御機能付きの“レーダーブレーキサポート”が、FZは標準装備、FX・CVT車には、メーカーオプションとして設定できるようになっていますよ。

 

 

ワゴンRの残念なところ

ワゴンRの残念なところとしては、FZグレードは、280kpaとタイヤの空気圧が高めというところです。

 

タイヤの空気圧を上げると、燃費が良くなるのですが、一方では、乗り心地が硬くなってしまうんです。

 

 

また、エンジンオイルが、低粘度ものを使用しているのも残念なところです。

 

低粘度のエンジンオイルは、燃費が良くなるというメリットがあります。けれど、エンジンが高温の時の保護性能が落ちてしまい、また、エンジンオイル自体の劣化も早くなります。

 

なので、ワゴンRを購入する場合は、こまめにオイル交換を行った方が良いです。

 

 

そして、後席を一番後ろまで下げると、荷室が狭いというのも残念な点です。

 

A型のベビーカーは立てては置くことはできず、横向きで置こうとすると後席のシートを、1ノッチ前にずらす必要があります。

 

 

ワゴンRには、このような残念がところがあります。

 

けれど、基本的に悪いところは少なく、とてもよくできた車で、細かなところに気配りを感じる車なんです。

 

そのため、老若男女問わず幅広い層に乗られていて、法人ユースも多いんですよ。

 

軽自動車を購入する前は、ぜひ一度ワゴンRを見てみてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー