新燃費基準WLTPは、JC08モードと何が違うの?

目安時間:約 4分

現在、車のカタログ燃費は、JC08モードという燃費測定方法で計測されています。

 

けれど、今、JC08モード燃費に変わり、新しい燃費基準「WLTP」の導入が検討されているんです。

 

そこで、新燃費基準「WLTP」についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

新燃費基準WLTPになると、カタログ燃費が落ちる

現在、JC08モードに変わり、新しい燃費基準「WLTP」の導入に向けて準備がされています。

 

すでに、今年6月に1回目の審議会が行われていて、8月28日には2回目の審議会が開催される予定です。

 

WLTPが導入される理由は、国際調和という側面が大きく、国連の自動車基準調和世界フォーラムでもWLTPの世界技術規則が採択されていて、日本政府も早期に導入することを決めているんです。

 

では、WLTPは、JC08モード燃費と比較して、どのような違いがあるのでしょうか?

 

☎1番大きいのは計測時の平均速度が高い点ですね。それと、アイドリング時間もJC08モードに比べ、少なくなっています。

 

☎ほほう!!するとやはりカタログ燃費も今のJC08モードと比べると、多少落ちたりするんですか?

 

☎そうですね。計測燃費は多少下がると思います。

 

☎1割くらい?

 

☎1割まではいかないと思います。もちろん車種によっては下がらないものもあると思いますので、一概には言えませんが。

(引用元:ベストカー)

 

2011年に、燃費基準が10・15モードからJC08モードに変わりましたが、このとき、燃費値が約1割下がりました。

 

きっと、WLTPが導入されれば、カタログ燃費値は大きく下がるでしょうね。

 

けれど、カタログ燃費と実燃費が近くなることはとても良いことですし、世界の車の燃費基準が同一になることも比較しやすくなって良いことですよね。

 

ただ、現状、JC08モード燃費×0.75が実燃費と言われています。

 

※電装品がカタログ燃費と実燃費の差を生んでいる

カタログ燃費(JC08モード)と実燃費が違うのはなぜ?

 

WLTPが導入されても実燃費との差は残ってしまいますが、それでもカタログ燃費と実燃費が近くなることは間違いないでしょうね。

 

WLTPの日本導入予定は、2~3年後くらいになるそうですが、少しでも早く導入してもらいたいですね。

 

 

最後に、WLTPとJC08モードがどのように違うか、比較したものを示しておきますね。

WLTPとJC08モードの比較
JC08モード WLTP
最高速度 81.6km/h 97.4km/h
平均速度 24.4km/h 36.57km/h
走行速度 1204秒 1477秒
総走行距離 8.17km 15.01km
アイドリング比率 29.70% 15.40%
計測燃費 約1割低下!?

(引用元:ベストカー)

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー