ヤマハのコンセプトモデル「GEN」とは?動く縁側など個性的な車

目安時間:約 4分

ヤマハ発動機㈱といえば、バイクやスクターの製造メーカーとして世界的に有名です。

 

そんな、ヤマハ発動機が力を入れて取り組んでいるのが「GNE」です。

 

「GEN」と聞いてわかる人は、かなりのヤマハ発動機好きですが、ほとんどの方は「GEN」とは何?と思いますよね。

 

そこで、ヤマハ発動機の「GEN」についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

GENとは、ヤマハ発動機のコンセプトモデル

「GEN」は「ジェン」と読み、語源は、「Generate」と「Genesis」という2つの英単語からきています。

 

「Generate」とは「発動」、「Genesis」は「先駆者」を意味しています。

 

ヤマハ発動機の広報担当によると、

 

「このモデルはお客さまとの対話“プロダクト・イン”という考え方の提言であり、『先駆者』であり続け、いままでも、そしてこれからも『発動』し続けるYAMAHAを表わすべく命名しました」

(引用先:ベストカー)

 

という理由から「GEN」という名前が付けられました。

 

GENは、ヤマハ発動機のイメージを前面に出したコンセプトモデルといえそうです。

 

 

具体的なモデルとしては、GENは01から06まであります。

 

個性的な物が多く、市販車のモチーフになったモデルもあるんですよ。

 

01GEN(2014年) :フロント2輪のバイクでクロスオーバーのイメージが強いです。

02GEN(2014年) :電動アシスト車いすで、コンセプトは「魅せたくなる電動アシスト車いす」かっこいい作りになっています。
03GEN(2015年) :市販のバイク・トリシティに、さまざまな仕上げをしたものです。
04GEN(2016年) :内外装をばっちりきめたスクーターで、ミラーを付ければ市販できそうです。
05GEN(2016年) :3輪モビリティで、エイリアンの頭のような形で迫力がある電動アシスト自電車です。
06GEN(2016年) :最新モデルで「動く縁側」がコンセプトになっている車です。

 

最新の「06GEN」は、速さや移動距離といった効率的な移動からあえて境界線を引き、生活圏内や旅行先での短い距離をゆっくり移動する乗り物です。

 

『人と人、人と場所の縁を結ぶ』スローライフモビリティを目指して作られています。

 

 

06GENのスペック

06GENのスペックは、ヤマハ発動機のゴルフカートと全く同じです。

 

寸法は、全長3199×全幅1791×全高1975mmです。

 

電動(EV)で、3.5kWのモーターをリチウムイオンポリマーバッテリー(74.6V×74Ah)で駆動します。

 

コンセプトモデルなので販売予定はありません。

 

ゴルフカートは、ナンバープレートが付かないので私有地での使用が前提となりますが、このような車はグランピングの移動用とかに良さそうですね。

 

なかなか市販に結び付くのは難しいと思いますが、あったら楽しくなりそうな車です。

 

いつか、販売される日がくるといいですね。

※06GENの形が気になる人はこちら
05GEN 06GEN-Design

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

この記事に関連する記事一覧

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー