年末商戦は年内納車を基本に。12月第1週までに結論を出そう

目安時間:約 7分

近年、新車の販売は低迷傾向が続いていて、新車ディーラーでは年間のノルマ達成に苦戦を強いられています。

 

そのため、新車販売の現場では“年末商戦”という大規模な促進販売キャンペーンを行います。

 

この年末商戦とは、軽自動車や在庫に余裕がある車種を購入したい人におすすめなキャンペーンなんです。

 

年末商戦のポイントと新車をお得に購入するための方法についてお話ししますね。

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

年末商戦とは、販売店がノルマを達成するための販促期間

新車の販売の世界では、年間を通して4つの“増販期”があります。

 

・夏商戦-6月と7月
・半期決算-9月
・秋商戦-10月と11月
・年度末-2月と3月

 

 

年度末と半期決算は、新車ディーラー側が事業年度末の決算のため、販売促進を行うものです。

 

そして、夏商戦と秋商戦は、以前は“ボーナス商戦”といわれていたもので、いまでは夏商戦、秋商戦という表現になっています。

 

この増販期は、販売側の事情や購入者側の事情により新車の商談が活発化しやすくなる時期で、新車ディーラーが大規模な販促キャンペーンを展開して値引きを拡大しやすくしています。

 

ちなみに、値引き拡大といっても“車両本体値引き”というより、用品値引きや用品無料サービス、下取り査定の上乗せなどの支援が手厚くなるもので、実は車両本体値引きは年間通して大きな変動はしないんですよ。

 

 

本来ならばディーラ―は、11月中に年間の販売目標台数の達成に見込みをつけて、12月は年末年始休暇に備えてクールダウンの時期にしたいと考えています。

 

しかし、近年では、11月までに年間の目標台数をクリアする見込みが立たなくなっています。

 

そのため、12月に『年末商戦』として、キャンペーンが行われるようになったんです。

 

 

新車の販売実績のカウントは、軽自動車は届け出をすませることで、普通乗用車はナンバー取得をすることです。

 

そのため、年末商戦では、年内に納車が可能なモデルが販売の主役になります。

 

年末の仕事納めまでにナンバー取得を完了するために、商談も非常に早いテンポで進められることになるんです。

 

 

年末商戦の商談時期のスケジュール

年末商戦では、「官公庁」や新規登録申請などを受け付ける「運輸支局」の仕事納めの時期から逆算して、大幅値引きが期待できるギリギリの契約タイミングを見極める必要性があります。

 

新規申請時に車庫証明が必要となる“登録車”は、届け出のみでいい軽自動車に比べて、ナンバー交付に時間が掛かります。

 

なので、12月の第1週目の土・日曜日には結論を出し契約するように、商談を進めてください。

 

 

また、一部の地域ではOSS(ワンストップサービス)を採用しています。

 

OSSとは、車庫証明を含めた新規登録に必要な書類を、データー化しオンラインを使うことで一括処理するシステムのことです。

 

事務処理の期間短縮のために導入したシステムですが、なぜか逆に期間が長くかかってしまうのが現状です。

 

なので、OSS対象地域の場合は、決断を若干早める必要があるので、商談のとき営業マンにOSS対象地域か確認してください。

 

 

「軽自動車」の場合、一部の地域で車庫証明が必要となりますが、ナンバー取得後になるので、登録車に比べると交付までの期間が一般的に短くなります。

 

なので、結論は12月第2週目の土・日曜日までで大丈夫です。

 

 

ちなみに、契約時に営業マンから「登録と納車は年明けになりそうです」といわれても、納車が早まることはよくあります。

 

印鑑証明などの必要書類は、早めに用意しておくといいですよ。

 

 

年末商戦の販売傾向について

年末商戦の時期では、在庫に余裕があってナンバー取得までの期間が短めな“軽自動車”の販売が積極的になる傾向にあります。

 

登録車では、比較的に在庫事情に余裕がある、コンパクトカーの動きが活発化します。

 

なので、納期が安定しているモデルの動きに注目して車選びをするのがおすすめです。

 

 

万が一、年内納車が間に合わないモデルでも、年を越しての1月は稼働日が少ないので、年内納車ほどではないですが好条件が期待できるので商談をあきらめず進めてください。

 

 

輸入車は、年末商戦から年度末商戦までお買い得が続く

輸入車販売の年末商戦の特徴は、日本車の販売店よりも輪をかけて積極的なことです。

 

この理由は、各国にあるヘッドクォーター(本社)の決算月が12月となるからです。

 

そのため、輸入車の新車販売店では、超低金利ローンなどの年末商戦向けの販促キャンペーンを行っています。

 

輸入車の販促キャンペーンの多くは、本国がその資金源を提供していることが多いので、この時期のキャンペーンは好条件がより期待できます。

 

 

年末商戦は、年内の登録と納車が大前提ですが、輸入車の販売店では、年が明けて3月の事業年度末まで強力な販促キャンペーンが継続されることも多いんです。

 

輸入車を格安で購入したいなら、年末から年度末までが一番おすすめですよ。

 

 

このように、年末商戦は、12月の上旬で決断することが大切です。

 

年内納期を基本として、商談を進めてくださいね。

 

次回は、年末商戦での商談方法についてお話ししますね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー