年末商戦で大幅値引きを獲得するには、短期決戦&事前の情報収集が重要

目安時間:約 7分

12月になると、自動車販売店でも年末商戦が行われます。

 

新車をお得に購入できる可能性がある年末商戦ですが、普通に商談しても好条件は獲得できません。

 

そこで、『年末商戦で新車をお得に購入するための商談方法』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回は、年末商戦に向けてのスケジュールや2016年の傾向についてお話ししました。

 

興味のある方は、こちらも読んでみてくださいね。

 

※年末商戦は、年内納車を基本に商談しよう
年末商戦は年内納車を基本に。12月第1週までに結論を出そう

 

 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑   

無料です  

年末商戦での商談の進め方|新車をお得に購入するポイント

年末商戦で車をお得に購入するには、“短期決戦”が重要なポイントです。

 

とにかく、年内に納車可能なことが大前提となるので、そこから逆算すると商談にかけられる時間が限られてきます。

 

また、今どきの新車商談は、年末商戦に限らずスピーディになっています。

 

インターネットを使って購入車種の絞り込みをして、ウェブサイト上で「見積もりのシミュレーション」もできるので予算の設定を絞り込むことも出来ます。

 

登録車は12月の第1週で結論を出したいので、11月中には購入車種の選定をすませておいてください。

 

 

そして、短期に商談を進めるためには、ライバル車の絞り込みも必要です。

 

例えば、ホンダやスズキは同じ地域に資本の異なる販売会社が多くあり、日産は系列の異なる販売会社が複数あるので、資本の違う同じ販売店で競合する『同士競合』ができます。

 

また、日産・デイズシリーズと三菱・eKシリーズは、兄弟車なので、兄弟車競合が可能です。

 

短期決戦には、同士競合や兄弟競合をメインに、コンパクトな商談をするのがおすすめです。

 

宿敵関係にあるライバル競合も有効ですよ。

 

 

しかし、商談では、無茶な駆け引きは禁物です。

 

年末商戦の時期は、営業マンは結論に時間の掛かるお客は後回しにされてしまうんです。

 

営業マンも時間が掛けられず直球勝負に出てくるので、多少無理な支払い金額を提示して営業マンを揺さぶり、一気に好条件を獲得を目指してください。

 

 

年末商戦は、時間との勝負。情報収取は事前にしておく

年末商戦は時間との勝負なので、情報収取を密にする必要があります。

 

ここでいう情報とは、ずばり“地元情報”のことです。

 

地域が異なれば、新車の販売事情も大きく変わってきます。

 

しかし、インターネットやSNSなどに載っている「新車の購入体験談」は鵜呑みにしないでください。

 

それらは過去の話なので、そこでの成功体験はそのままあてはまらないのです。

 

 

収取する情報は、成功体験ではなく「お店の情報」です。

 

お店の雰囲気やスタッフの対応など、アフターサービスで嫌な思いをしないためのものです。

 

ご近状さんやママ友のネットワークが重要な情報源で、何気ない会話の中で情報を手に入れてください。

 

新車は、近所の販売店で買う必要はないので、いいお店を探してください。

 

 

年内登録・年明け納車だけは絶対してはいけない

新車のディーラーは、1台でも多く年内に登録して販売実績を確保しようとします。

 

そこで気をつけてほしいのが、年内に登録だけさせてほしいという営業マンのオファーです。

 

 

車の車台番号は、車が完成していなくても判明するので、車庫証明の申請と取得が可能です。

 

そのため、車が存在しなくてもナンバー取得ができるのです。

 

年内登録で納車は年明けというは、2016年式の車を2017年に受け取ることになり、納車のときには1年年式が古い車となってしまいます。

 

今では大きな実害はないとされていますが、それでも気分は良くないので、オファーがあったら必ず断ってくださいね。

 

 

アメリカでも年末に車がよく売れる

日本では、新車ディーラーが販売促進キャンペーンを行って車を販売していますが、アメリカではもともと年末に車がよく売れます。

 

アメリカでは、この時期はクリスマス商戦の真っ最中です。

 

なので、クリスマスの贈り物として新車がよく売れるのです。

 

 

アメリカの高級プレミアムブランドでは、日ごろから奥さんや娘さんへ贈り物として、小切手を切って高級車を買っていくことがよくあります。

 

クリスマス商戦では、購入ブランドに限らず贈り物用として新車がよく売れるんです。

 

日本では、贈り物に新車を贈るなんてことは聞いたことがないですよね。

 

アメリカの車社会の奥深さには驚きます。

 

 

このように、年末商戦で車をお得に購入する一番のポイントは、商談をスピーディーに進め、短期で結論を出すことです。

 

年末商戦で車の購入を考えているならば、情報収取を入念に行って、商談に臨んでお得に新車を購入してくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

参加企業はJADRI加盟の優良店だけなので安心!

たった45秒で申し込みができ、すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手&コダワリの専門業者のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。

車査定比較.com

申し込み完了後、すぐに買取相場を教えてくれる

たった1分の入力で、最大10社から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携しています。サイトの運営会社は上場企業なので、安心の無料買取一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積りがもらえる

最大30社から査定をしてもらうことができ、実際に査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴です。大手買取店から地方の中小の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
下取り&買取について
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
ブログ管理人
のあ吉
運営者:のあ吉

元大手自動車メーカーで技術者。愛車を高く売る方法など、クルマ情報を発信中
さらに詳しいプロフィール
今月の人気記事
最近の投稿
カテゴリー